離脱派の勝利濃厚、ポンドが過去最大の下げ

「EU離脱派勝利」の報道相次ぐ

 6月24日、英国の欧州連合(EU)離脱の是非を問う国民投票の開票が進み、離脱派が勝利する可能性が高まるなか、市場でポンドが1日として過去最大の下げ幅を記録する見通しとなっている。写真はロンドンで2008年3月撮影(2016年 ロイター/Luke MacGregor)

[ロンドン 24日 ロイター] - 英国の欧州連合(EU)離脱の是非を問う国民投票の開票が進み、離脱派が勝利する可能性が高まるなか、24日の市場でポンドが1日として過去最大の下げ幅を記録する見通しとなっている。

23日夜の投票締め切り直後に残留支持が52%、離脱支持が48%とするユーガブの調査結果が発表された後、ポンド<GBP=>はドルに対して一時、年初来高値の1.5018ドルに上昇。

しかしその後に発表が続いている各地区の集計結果で離脱派が優勢となる可能性が示されたことで、急速に下落している。

0340GMT(日本時間午後0時40分)時点で、1ポンド=1.3500ドルと、約9%安。1992年のブラック・ウェンズデーや2008年の世界的な金融危機で記録した下げ幅を大きく上回っている。

英国株価指数先物<FFIc1>も6%超下落しており、0700GMTから始まるロンドン市場は大きく下げて始まる見通し。

香港市場では英金融大手のHSBC<0005.HK>やスタンダード・チャータード銀<2888.HK>が10%超下げている。

人気記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 銀河を渡るを読む
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。