似た者同士の「勝負どころ」

塩田潮の政治Live!

年明けに時事通信社主催の新年互礼パーティーで首相の顔を肉眼で見ることにしている。今年も7日夜、会場に出向いた。

 1年交代の首相が続いているので、同じ首相の色艶や顔つきを前年と見比べる楽しみは望めないが、安倍首相は6年ぶり2度目の登場である。

 2008年9月の健康悪化による首相退陣劇の残像が消えていないこともあり、私も含めて日頃、首相を直接、目にする機会がない一般の人たちは、何よりも健康と体調に関心を抱いたはずだ。安倍首相自身、そこを意識したのか、スピーチで正月休みの間のゴルフの話を持ち出し、好成績を自慢した。体力十分をアピールして、5年前のマイナスイメージを消したいのかな、と勘繰った人もいたに違いない。

 本当のところ、長年の持病は克服できたのか、政権運営などで極度のストレスに見舞われたり窮地に陥ったとき、08年9月の再現とならないのかどうかが気にかかるが、その点はいまや「最高級の国家機密」だろう。

 

失敗からどれだけ学べるか

安倍首相に続いて、初登場の海江田民主党代表が登壇した。長身、童顔、柔らかな物腰は安倍首相と共通項で、与野党のトップが似た者同士という時代を迎えたことになる。

 安倍首相は持論の改憲論や国益外交を一時、封印して、「アベノミクス」で経済再生を狙い、「経済宰相」を目指す構えだが、海江田代表も政治家の前は「経済評論家」で、その分野ではプロという自負があるはずだ。それだけでなく、二人には「べそをかいて政権を投げ出した首相」と「泣き顔に涙目で失笑を買った経産相」という類似点もある。

 過去のつまずきや醜態をあげつらう気はない。それより、二人とも、自身の弱点だけでなく、政権党が野党転落に至った原因、党の路線や政策、構造や体質も含め、過去の「失敗」からどれだけの教訓を学び取り、政治リーダーとして変身・脱皮を遂げたかだ。イケメン、ソフトムード、スマイルだけでは早晩、べそと涙目の二の舞いを演じかねない。一見、似た者同士だが、この先、苦境・逆境に遭遇したときの乗り切り方が勝負所だろう。

 

(撮影:尾形文繁)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT