自民党一党優位は、あくまで「過渡期」

塩田潮の政治Live!

総選挙で自民党一党優位が復活した。二大政党政治は終わった、あるいは日本にはもともと不向きだったという見方も出ている。

「権力は接着剤」というのが自民党の共有意識で、分裂は起こりにくいから、次期総選挙まで二大政党政治でなくなるのは間違いない。

にもかかわらず、長期的には「二大政治勢力」の結集に向かうだろうと見る。現在の自民党一党優位の復活、野党の多党化は、そこに至る途中の一時的な現象という見立てだ。

冷戦終結後の状況をよく見ると、体制の選択や外交の基本路線、財政の将来像などの大きな政治選択では、一部の政党を除き、政党間に大きな差がなくなった。ところが、自民党も民主党も、幅広い支持層を当てにして、国民の多様なニーズを汲み上げる「包括政党」「ごった煮政党」で、政策や路線を曖昧にしたまま政権を担当した。

その隙を衝いて、個別のテーマを強く主張する勢力が台頭するから、いったんは多党乱立の動きが出る。

いまや包括政党は自民党だけだが、安倍路線にもかかわらず、実態は多様なグループの集合体だ。

3~4年は自民党一党優位が続くが、大きな政治選択でなく、政策の決定力や実現力を競う時代だから、次期総選挙で民意が「自民党政治ノー」と回答する可能性は小さくない。その前に国民の自民党離れが起これば、「接着剤」の効用が消え、「緩やかな多党政治」に向かい始める。その結果、二大政治勢力再結集の流れになると見ている。

国民が政権を任せる政治勢力とトップリーダーを自ら総選挙で選択するという代議制民主主義の現行システムの有効性を認識し、それを実行するという強い意思を持っていると思うからだ。

3回連続の「大勝・惨敗型」の総選挙は国民の政権選択の表れである。

二大政治勢力再結集には、第一にそれが重要と考える民意の強い支持、第二に「ごった煮」を超える新しい対立軸の提起、第三に再結集の実現に邁進する型破りの指導者が必須条件だ。3~4年はすぐに経過する。ただちにその準備を始めなければ間に合わない。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • コロナ後を生き抜く
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT