簡単ではない参議院選挙での自民勝利

塩田潮の政治Live!

安倍首相再登場から1ヵ月が過ぎたが、ひとまず好調なスタートである。だが、課題は7月の参院選と誰もが見ている。

第1次内閣は就任10ヵ月後の参院選で惨敗し、短命に終わったが、今度も7ヵ月後だ。「総選挙大敗の民主党はもはや復元力はない。自民党勝利は堅い」という声が強いが、「勝利」が過半数達成を指すなら、数字上は簡単ではない。

参議院の過半数は122で、自民党は現在83人、うち非改選は49である。4月の山口選挙区の補選で自民党が勝てば、非改選は50となる。その場合、自民党の「単独過半数」には7月の参院選で72議席が必要だが、自民党史上、最多当選だった1986年と同じ数字だ。

自民、公明両党による「与党で過半数」だと、補選勝利でも(非改選は公明9で、自公合計59となる)、両党で63が条件となる。自公の当選者数は、「小泉ブーム」の01年は78だったが、04年は60、第1次安倍内閣の07年は46、谷垣総裁の10年が60だ。64は手が届かない数字ではないが、それでも「小泉ブーム」のような追い風がなければむずかしい。

ところが、総選挙大勝で「与党で過半数」は当然と見る空気が広がり始めた。届かなければ敗北と見なされ、安倍首相は責任を問われかねない。総選挙大勝のため、参院選勝利と政権維持のハードルが上がるのは、安倍首相にとっては思いがけない誤算に違いない。

安倍内閣は参院選まで景気回復最優先で突っ走る構えだが、アベノミクスで結果を出せるかどうか、首相の指導力不足、政権運営の失敗、閣僚の不祥事などによる支持率低落という第1次内閣の二の舞いを避けられるかどうかがカギとなる。

再登板の安倍首相が5年の雌伏を経て「ニュー安倍」に脱皮を遂げていれば、支持率急落は起こらないだろう。だが、早くも「発言は強気だが、実際は調整型で妥協的」「好人物で正直だが、政略的発想が乏しく、守りに弱い」と評された「オールド安倍」の顔も見え始めた。

28日からの初の国会で「ニュー安倍」が試されるが、国民はそれを見て真贋を判断する気でいる。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT