引きこもりから年俸4000万に這い上がった男

千葉ロッテ・岡田幸文の「やり続ける力」

しかし――。12年シーズン、岡田には停滞が待っていた。

開幕から打撃不振に苦しみ、1番やスタメンから外される試合もあった。出場は131試合、打率は2割6分2厘と、ともに前年から低下する。チームは5位に沈んだ。年俸は4000万円に上がったものの、決して満足のいく1年ではなかった。

迎える13年シーズン、ロッテは伊東勤を新監督に迎え、新たなスタートを切る。指揮官は前年に5番を任され、首位打者獲得とブレークした角中勝也を1番に据える構想を明かしているが、岡田は挑戦状をたたきつけた。

「とにかく13年は結果を残すこと。144試合が終わって、最低2割8分は打たないとダメ。つねに自分が1番で出ていなくては、強いチームにはならない。1番にこだわりを持って、そのためにどうすればいいかを考えます。1番を固定していないチームは、弱くなってしまいますから」

大事なのは、夢をもってやり続けること

岡田は、自らを最も活かすことのできる打順は1番と考えているのだろう。長打力は低いものの、センターからレフト方向中心の打撃、そしてセーフティバントや内野安打で出塁するのが持ち味だ。塁に出れば、相手バッテリーに盗塁を意識させながらプレッシャーをかけることもできる。

各報道によると、岡田は13年シーズンの目標を「66個以上の盗塁」と掲げた。「聖澤、本多選手に負けないように。最終的に盗塁王を取りたい」

守備力だけを考えた場合でも、岡田はロッテに欠かせない戦力だ。たとえ打率が2割6分ほどでも、12年シーズンのように2番や下位打線に置いて足を活かす手もある。

だが、岡田は1番へのこだわりを見せる。自らの特性、そして価値を考えたとき、最も輝ける場所であるからだ。

「大事なのは、やり続けることじゃないですか。夢を持って」

「大切なのは、もっとうまくなりたいと、ずっと思っていることじゃないですか」

アマチュア時代の初心を一軍の主力となった今も忘れず、自身に強い期待と高い目標を設定し、岡田はさらなる成長を追い求めている。 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT