引きこもりから年俸4000万に這い上がった男

千葉ロッテ・岡田幸文の「やり続ける力」

しかし――。12年シーズン、岡田には停滞が待っていた。

開幕から打撃不振に苦しみ、1番やスタメンから外される試合もあった。出場は131試合、打率は2割6分2厘と、ともに前年から低下する。チームは5位に沈んだ。年俸は4000万円に上がったものの、決して満足のいく1年ではなかった。

迎える13年シーズン、ロッテは伊東勤を新監督に迎え、新たなスタートを切る。指揮官は前年に5番を任され、首位打者獲得とブレークした角中勝也を1番に据える構想を明かしているが、岡田は挑戦状をたたきつけた。

「とにかく13年は結果を残すこと。144試合が終わって、最低2割8分は打たないとダメ。つねに自分が1番で出ていなくては、強いチームにはならない。1番にこだわりを持って、そのためにどうすればいいかを考えます。1番を固定していないチームは、弱くなってしまいますから」

大事なのは、夢をもってやり続けること

岡田は、自らを最も活かすことのできる打順は1番と考えているのだろう。長打力は低いものの、センターからレフト方向中心の打撃、そしてセーフティバントや内野安打で出塁するのが持ち味だ。塁に出れば、相手バッテリーに盗塁を意識させながらプレッシャーをかけることもできる。

各報道によると、岡田は13年シーズンの目標を「66個以上の盗塁」と掲げた。「聖澤、本多選手に負けないように。最終的に盗塁王を取りたい」

守備力だけを考えた場合でも、岡田はロッテに欠かせない戦力だ。たとえ打率が2割6分ほどでも、12年シーズンのように2番や下位打線に置いて足を活かす手もある。

だが、岡田は1番へのこだわりを見せる。自らの特性、そして価値を考えたとき、最も輝ける場所であるからだ。

「大事なのは、やり続けることじゃないですか。夢を持って」

「大切なのは、もっとうまくなりたいと、ずっと思っていることじゃないですか」

アマチュア時代の初心を一軍の主力となった今も忘れず、自身に強い期待と高い目標を設定し、岡田はさらなる成長を追い求めている。 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT