ベゾス宇宙船、4度目の打ち上げ・着陸に成功

有人宇宙旅行の実現へ着実な前進

6月19日、ジェフ・ベゾスは宇宙輸送会社「ブルーオリジン」が6人の乗客を運ぶことができる弾道(サブオービタル)ロケット「ニュー・シェパード」の打ち上げに成功したことを明らかにした。同一の機体は昨年11月と今年1月、4月にも飛行している。つまり4回目となる今回の飛行は、3回目の再使用機による飛行だ。

ブルーオリジンはニュー・シェパードの先端に搭載された無人の「クルー・カプセル」のパラシュートを一部展開させない状態で着陸する試験も実施。ベゾスはTwitterで「ミッション成功」と宣言した。

ブルーオリジンは、来年には有人テスト飛行を行い、早ければ2018年に有料で一般の乗客を宇宙空間に運ぶ予定だ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT