Amazonベゾス氏のロケット再度離着陸成功

2018年の商用サービス開始へ向け一歩前進

写真をクリックすると動画サイト(英文)にジャンプします

AmazonのCEO、ジェフ・ベゾス氏が設立した航空宇宙企業、Blue Origin(ブルーオリジン)が三度目のロケット打ち上げ、地上回収成功した。これにより、再利用可能なブースターの開発にまた一歩近づいた、と同社はコメントしている。

最大6人まで搭乗可能な「The New Shepard(ザ・ニュー・シェパード)」と名付けられたロケットとカプセルは2日、米テキサス州西部のブルーオリジンの実験場で発射され、数分後には打ち上げられた場所に無事着陸した。無人飛行していたカプセルも、パラシュートを使って実験場近辺に着陸し、回収された。

同社では昨年11月と今年1月にも、ロケットの打ち上げと地上回収に成功しており、これで3回続けて成功したことになる。

ベゾス氏は今月初め、来年にもニュー・シェパードの有人飛行実験を開始し、2018年には有料サービスを始める考えを示していた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中学受験のリアル
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。