Amazonベゾス氏のロケット再度離着陸成功

2018年の商用サービス開始へ向け一歩前進

写真をクリックすると動画サイト(英文)にジャンプします

AmazonのCEO、ジェフ・ベゾス氏が設立した航空宇宙企業、Blue Origin(ブルーオリジン)が三度目のロケット打ち上げ、地上回収成功した。これにより、再利用可能なブースターの開発にまた一歩近づいた、と同社はコメントしている。

最大6人まで搭乗可能な「The New Shepard(ザ・ニュー・シェパード)」と名付けられたロケットとカプセルは2日、米テキサス州西部のブルーオリジンの実験場で発射され、数分後には打ち上げられた場所に無事着陸した。無人飛行していたカプセルも、パラシュートを使って実験場近辺に着陸し、回収された。

同社では昨年11月と今年1月にも、ロケットの打ち上げと地上回収に成功しており、これで3回続けて成功したことになる。

ベゾス氏は今月初め、来年にもニュー・シェパードの有人飛行実験を開始し、2018年には有料サービスを始める考えを示していた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT