アウディ「A5」最新モデルは何が進化したか

オトコには2ドアクーペが必要だ

従来モデルよりも10リットル容量をアップした荷室

さらに従来モデルよりも10リットル容量をアップし465リットルとした荷室なども新型A5のアピールポイント。リアシートは40:20:60の3分割可倒式で、レバーひとつで簡単にシートアレンジが可能だ。リアバンパー下に足先をいれるとそれを感知してリアゲートを開ける、ジェスチャーコントロール機能もオプションで採用した。

パワートレインは、こちらも基本A4譲りとなる。A5に搭載されるエンジンは、ガソリンが2タイプ、ディーゼルが3タイプ。最高出力190psと286psの2リッター直4DOHCターボのTFSIがガソリンで、パフォーマンスを17%向上させながら燃費は22%削減している。ディーゼルは、最高出力190psの2リッター直4TDIと、最高出力218psと286psの3リッターV6TDIをラインナップしている。

また、高性能モデルS5では3リッターのV6ターボガソリンエンジンを搭載し、こちらは最高出力が354psとなる。このエンジンは従来搭載の3リッターV6スーパーチャージャーエンジン比で21psの出力向上を果たし、0-100km/h加速が0.2秒短縮された4.7秒になったほか、そのいっぽうで燃費はリッターあたり13.7kmと低燃費性能もセールスポイントになっている。

参考までに、286psの2リッター直4ガソリンエンジンと286psの3リッターV6ディーゼル、そしてS5用の3リッターのV6ターボには8段ティプトロニックを、そのほかのエンジンには7段DCTのSトロニックを組み合わせ、ガソリンエンジン、ディーゼルエンジン搭載車とも190ps仕様車に前輪駆動とクワトロ(4WD)をラインナップするが、その他のモデルはすべてクワトロとなっている。

これまでのアウディのスポーツモデルのローンチスケジュールから考えれば、日本上陸は恐らく2017年の夏と想像出来る。メルセデスやBMW、そしてジャガーやキャデラックなど、世界屈指のラグジュアリーブランドが持つ2ドアクーペとの市場での対決が今から楽しみである。

(文:櫻井 健一)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT