「舛添辞職」で誰が次の東京都知事になるのか

橋下、石原、蓮舫、池上彰…出馬するのは?

では、やはり現職の国会議員の中から候補者が出るのだろうか。可能性のある議員は誰か。浮上するのは、まず与党系では石原伸晃氏(経済再生相)だ。父が元都知事なのだから、そもそも猪瀬直樹氏が都知事を辞任した後釜でもよかったという声もあるくらいだ。

ただ「親子での東京都政」となると世襲批判、私物化批判が出てくるし、本人も安倍首相の人気が最近一時ほどではないという事態を見て、国政への再度の色気も出ているはずだ。 

同じ与党系で小池百合子氏(元防衛相、衆議院議員)はどうか。初の女性総理候補と言われながらなれずに終わりそうで、大臣よりは都知事の椅子がいいという考え方もある。本人もまんざらではないだろう。だが、肝心の自民の中に推す声が少ない。

まさかの小泉進次郎氏(農林部会長、衆議院議員)の出馬をうわさする人もいる。街角では待望論もあるが、進次郎氏の視線は2020年東京五輪後の国政に向いており、現在は「爪を研いでいる」最中。可能性はゼロだろう。

蓮舫氏、長妻氏に続く可能性のある人物とは?

では野党系はどうか。民進党で可能性のある候補者は三人。まっさきに上がるのは蓮舫氏(党代表代行、参議院議員)だ。2010年の参議院選挙では東京選挙区で過去最高の170万票を獲得している。基本的には国政で自分の力を発揮し、将来の総理を狙うスタンスだが、どう出るか。ここで一つあげておきたいのは、自己主張が強いタイプだけに、出馬して当選したとしても、自公が過半数を占める都議会と、どういう形で向き合うのかが課題になりそうだ。

もう二人。まずは同じく党代表代行の長妻昭氏(衆議院議員)はどうか。可能性はあるが、人気や知名度の点で、残念ながら都知事レベルには達していない。「質問力」はあっても、「攻撃型」「野党型」の政治家は、残念ながら都知事のタイプではない。

残るもう一人は長島昭久氏(副幹事長、衆議院議員)。石原伸晃氏の秘書をしていたこともある経歴を持ち、自民党から出るか旧民主党から出るか、迷って後者にした政治家だ。民主党時代には防衛副大臣の経験もあり、実務能力面でも評価が高い。知名度についてはもう一つなのだが、政策面では自公に近く、与党としても組みやすい。出馬の可能性があるかもしれない。

いずれにしても、国会議員となると、舛添氏と同じレベルとは言わないものの、政治資金の問題で、叩けば埃が出るような公私混同問題をどこかに抱えている議員は多い。今回は特にメディアの厳しいチェックに耐えられるような人でないとダメだ。

もちろん、今回挙げた人以外にも立候補する人はいるし、今後、意外な人物が出てくる可能性もありそうだ。また、結局のところ「なんだ、あの有名人しかないのか」ということになるかもしれない。だが「東京都知事候補」という「土俵」に立てる条件はそんなに甘くない。実質一カ月前後で自らの「人となり」や「政策」を伝えることは至難の技。有名人でなければ、戦えないどころか、土俵にさえ立てないことを覚えていただきたい。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT