10代女子に人気の「nana」は音楽業界を救うか

音楽SNSに集まる支持、あのJUJUも活用

nanaが当初想定していたターゲットは、アカペラで歌うユーザーや路上ライブを行うアーティスト。が、反応したのは、一般ユーザーだった。スマホでカラオケを楽しむ感覚で利用され、サービスは浸透していった。

驚くほど若いユーザー層も、決して狙ったものではない。「音楽好き、歌好きな人が使い、仲間と交流して、楽しんでいる。スマホ完結型のサービスだったことで、若いユーザーを中心に広がった」(文原氏)。

サービス開始から4年近くとなり、今やその影響は、SNSの領域を超え始めている。

今年5月にはnanaを起点とするヒットが誕生した。一般ユーザーの廣野ノブユキ氏(25)が投稿した「Rainy」が人気を集め、これに目を付けた業務用通信カラオケ首位の第一興商が、同曲の配信を開始したのだ。

再生65万回超す大ヒット曲も

Rainyは、女性目線で言葉遊びが含まれた歌詞、ノリのよさ、哀愁を併せ持った点などが支持され、再生回数は65万回超に達した。キーは高く、メロディも複雑だが、「腕試しをしたい」「大人な感じがかっこいい」などと、nanaユーザーを大いに刺激。現在までに3500以上ものカバー音源が投稿されている。

「Rainy」を作詞作曲した廣野ノブユキ氏。「nanaでの活動をずっと続けていきたい」と語る

「Rainyは自分が楽しめるように作った曲。ギターも手ぐせで、15~20分で作れた。多くのユーザーがカバーや独自のアレンジをしてくれて、本当に嬉しい」(廣野氏)。同氏は金融機関に勤めるかたわら、曲を作り、ライブも行う「会社員アーティスト」。音楽は趣味で、プロを目指すつもりはないという。これからもSNSで曲を発表し、ファンと交流、ライブを行っていく。新しいアーティスト・音楽活動のあり方とも言えそうだ。

他方、カラオケを配信する第一興商にとって、Rainyは珍しい例だった。これまでボーカロイド(ヤマハによる歌声合成技術)を利用した楽曲は多数配信してきたが、一般ユーザーが歌う曲を採用した例はなかったからだ。Rainyは配信されると、すぐさまランキングの上位に登場し、よく歌われているという。

「ユーザーの投稿数が非常に多く、これだけ求められているなら、リアルで歌う場所を提供するのが役目だと思った。ニコニコ動画(ドワンゴが運営する動画サービス)でボーカロイドのブームが起こったように、新しい場所からヒットが生まれるのは必然。これからもコラボをしていきたい」(第一興商の竹花則幸取締役)。

次ページ10代とおじさんがコラボ!
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。