大量の遺品、アウシュビッツ博物館に戻る

遺品1万6000点以上が約50年ぶりに返還

 6月8日、ナチス・ドイツのユダヤ人迫害・大量虐殺により、アウシュビッツ強制収容所で犠牲になった人々の遺品1万6000点以上が約50年ぶりに見つかり、博物館に返還された。写真はアウシュビッツで犠牲になった人々の遺品。提供写真(2016年 ロイター/Agencja Gazeta/Lukasz Krajewski/via REUTERS)

[オシフィエンチム(ポーランド) 8日 ロイター] - ナチス・ドイツのユダヤ人迫害・大量虐殺により、アウシュビッツ強制収容所で犠牲になった人々の遺品1万6000点以上が約50年ぶりに見つかり、博物館に返還された。

この遺品は、1967年に研究者チームがアウシュビッツ強制収容所跡から発掘したが、その後行方が分からなくなっていた。

アウシュビッツ博物館に収められている遺品は約400点にすぎないが、発掘の様子を記録した映像にはもっと多い数の遺品が回収される様子が映っていたため、博物館が数カ月にわたり調査を行った。その結果、段ボール48箱に入った宝石や体温計、鍵、薬の瓶、ナイフやフォークなどがワルシャワのポーランド科学アカデミーで見つかった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT