「IT中毒」が創造力を奪う

ITのプロが警告する、日本企業の新たな病(上)

コピペで内容の薄い資料が濫造される

――具体的には?

インターネットを検索すれば、誰かがどこかで行った調査結果は容易に手に入ります。表計算ソフトやプレゼンテーションソフトが一般的になったおかげで、特別な知識や技術がなくても、見栄えのいい資料を簡単につくれるようになりました。

そのせいで、口頭で伝えれば1分ですむ内容が、膨大な資料に加工されて「情報共有」の名目で拡散されるようになってしまいました。コピペ(コピー&ペースト)で安易に装飾された内容の薄い資料がたくさん濫造されて、それがさらにコピーを生む状態です。結局、自分の考えがなくなってしまう。

――創造力が欠如してしまうワケですね。

調査という行為も簡単になりました。表計算ソフトでシートをつくってメールで回せばいい。結果、やたらと本社が現場に調査を依頼するようになる。でも、そこからさしたる経営プランが出てきてもいない。誰も見るアテのないグラフをつくり、膨大なデータが集まって当たり前すぎる結論が出てくる。

モノづくりの世界にも影響が出ています。3次元CADなどで、非常に安易に図面がつくれるようになりました。本当は2次元の図面を書くのにも3次元をイメージして、頭の中でいろんなことを考えてつくっていたのが、CADデータすらコピペしてきて、チャチャッとつくってしまうので、実際にモノをつくったときに組み上がらないとか、うまくつながらないとか。そんなことが起きていたりします。

これは、みんなが加害者で被害者。相当にいろんな形で静かにIT中毒が蔓延しています。しかし、私は、この問題について現場や中間管理職の人たちを批判していません。

(下)はこちら

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT