じげん、「求人まとめサイト」で稼ぐ仕組み

水嶋ヒロ氏、"特命オフィサー"の役割は?

「じげんが属するインターネット業界の市場拡大は追い風だが、われわれは市場の成長を待つのではなく、生活領域におけるビッグデータを活用して、ビジネス展開を広げていくことなどで、より高い成長を目指している」と平尾社長は力を込める。

じげんのHP上のリリースに掲載された水嶋ヒロ氏の写真

このような事業展開において、水嶋氏はCLOとして、何を求められているのか。

平尾社長は、「イノベーションを生み出すためには、社内の多様性だけでなく、外部とのコラボレーションによる化学反応が大切。水嶋氏は家族を大切にする素晴らしいライフスタイルを持ち、モデル出身でデザイン感覚や物事をとらえる見方がユニーク。生活領域のサービスを展開するじげんに、新たな知見や発想をもたらしてくれると期待している」と、その狙いを説明する。

意思決定には参加せず、事業で協力

なお、じげんはCLOにとどまらず、「社会への問題意識を提言するリーダー」である、「C”x”O」とのコラボレーションを今後も増やしていく計画だ。「C“A”OからC“Z”Oまで、アルファベットを網羅することもあり得る」という平尾社長。もちろん、C”x”O職が経営の意思決定に参加することはなく、あくまで事業面での協力が目的の役職となる。

平尾社長は33歳という年齢ながら、最初に立ち上げた会社から数えると、経営者としてのキャリアは10年以上にも及ぶ。「経営者は大きな構想や夢を語ることも必要だが、何より結果で示すことが大事」(平尾社長)。水嶋ヒロ氏のCLOとしての具体的な活動内容も、実際に動き始めた段階で公表していく意向だ。

(撮影:尾形文繁)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT