伊藤園、42年ぶりに緑茶工場を新設する理由

"独り勝ち"状況が一服した今、あえて新工場

「伊藤園=健康というイメージが根付いてきている」。6月3日の決算説明会でこう語った本庄大介・伊藤園社長。42年ぶりの新工場を建設し、攻めの経営を加速する(記者撮影)

「お~いお茶」で知られる飲料メーカーの伊藤園が、緑茶用の茶葉を加工する工場を42年ぶりに新設する。

世界で初めてペットボトル入りの緑茶を発売した伊藤園。緑茶飲料の国内トップメーカーとして市場を牽引してきた。このタイミングで工場新設に踏み切ったのはナゼか。

茶葉の加工をする工場は1カ所のみだった

伊藤園は飲料製品の大部分を、グループ外の委託工場で製造する「ファブレス」方式をとっている。設備投資や物流費の削減が目的だ。


静岡県の相良工場。伊藤園で唯一の茶葉加工工場だ

ただし、緑茶飲料の味・品質の決め手となる原料茶葉の仕上げ加工は自社で行う。

生の茶葉をある程度乾燥させた「荒茶」を調達し、選別。それぞれの製品ごとの味や香りを出すために、「火入れ」を行ってさらに乾燥させ、ブレンドし、飲料原料として仕上げる。

こうした加工を担う拠点はこれまで静岡県の相良工場のみだった。相良工場は海に近く、津波などの災害時に原料の供給が滞るリスクがあった。新工場を神戸市内に設けることで、リスクの分散を図る。

次ページ新工場の稼働はいつ?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT