伊藤園、42年ぶりに緑茶工場を新設する理由

"独り勝ち"状況が一服した今、あえて新工場

「伊藤園=健康というイメージが根付いてきている」。6月3日の決算説明会でこう語った本庄大介・伊藤園社長。42年ぶりの新工場を建設し、攻めの経営を加速する(記者撮影)

「お~いお茶」で知られる飲料メーカーの伊藤園が、緑茶用の茶葉を加工する工場を42年ぶりに新設する。

世界で初めてペットボトル入りの緑茶を発売した伊藤園。緑茶飲料の国内トップメーカーとして市場を牽引してきた。このタイミングで工場新設に踏み切ったのはナゼか。

茶葉の加工をする工場は1カ所のみだった

伊藤園は飲料製品の大部分を、グループ外の委託工場で製造する「ファブレス」方式をとっている。設備投資や物流費の削減が目的だ。


静岡県の相良工場。伊藤園で唯一の茶葉加工工場だ

ただし、緑茶飲料の味・品質の決め手となる原料茶葉の仕上げ加工は自社で行う。

生の茶葉をある程度乾燥させた「荒茶」を調達し、選別。それぞれの製品ごとの味や香りを出すために、「火入れ」を行ってさらに乾燥させ、ブレンドし、飲料原料として仕上げる。

こうした加工を担う拠点はこれまで静岡県の相良工場のみだった。相良工場は海に近く、津波などの災害時に原料の供給が滞るリスクがあった。新工場を神戸市内に設けることで、リスクの分散を図る。

次ページ新工場の稼働はいつ?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 北朝鮮ニュース
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。