伊藤園、42年ぶりに緑茶工場を新設する理由

"独り勝ち"状況が一服した今、あえて新工場

「伊藤園=健康というイメージが根付いてきている」。6月3日の決算説明会でこう語った本庄大介・伊藤園社長。42年ぶりの新工場を建設し、攻めの経営を加速する(記者撮影)

「お~いお茶」で知られる飲料メーカーの伊藤園が、緑茶用の茶葉を加工する工場を42年ぶりに新設する。

世界で初めてペットボトル入りの緑茶を発売した伊藤園。緑茶飲料の国内トップメーカーとして市場を牽引してきた。このタイミングで工場新設に踏み切ったのはナゼか。

茶葉の加工をする工場は1カ所のみだった

伊藤園は飲料製品の大部分を、グループ外の委託工場で製造する「ファブレス」方式をとっている。設備投資や物流費の削減が目的だ。


静岡県の相良工場。伊藤園で唯一の茶葉加工工場だ

ただし、緑茶飲料の味・品質の決め手となる原料茶葉の仕上げ加工は自社で行う。

生の茶葉をある程度乾燥させた「荒茶」を調達し、選別。それぞれの製品ごとの味や香りを出すために、「火入れ」を行ってさらに乾燥させ、ブレンドし、飲料原料として仕上げる。

こうした加工を担う拠点はこれまで静岡県の相良工場のみだった。相良工場は海に近く、津波などの災害時に原料の供給が滞るリスクがあった。新工場を神戸市内に設けることで、リスクの分散を図る。

次ページ新工場の稼働はいつ?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。