ブリオ快走でホンダ系がインドネシア新工場

東南ア最大市場に部品も進出

東南アジア最大の自動車市場インドネシアは、夜になってもラッシュが続く(写真はジャカルタ市内)

ホンダ系のサスペンションメーカー、エフテックは12月12日、2013年1月にインドネシアのカラワン県カラワン工業団地に自動車用サスペンション部品を製造する子会社を設立すると発表した。資本金は5億円で、商社等の出資も受ける。13年9月から生産を開始する予定だ。

インドネシアの自動車市場は11年にタイを抜き、東南アジア最大の規模となった。引き続き高い成長が見込まれているうえ、歴史的に日系メーカーのブランド力が強く、日系各社の積極的な投資が続いている。

ホンダも年間6万台の生産能力を持つ現工場に加え、14年中の稼働に向けて年産12万台の新工場を建設中だ。ホンダは新工場で、アジア新興市場専用に開発された「ブリオ」を主に生産する予定で、13年には既存工場で先行的にブリオの生産を開始する。

エフテックが新たに進出するのは、このホンダのインドネシア強化に対応したもの。ホンダ新工場の生産が本格化する16年3月期には業績に貢献してきそうだ。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
香港問題めぐり米中激突<br>加速するデカップリング

6月30日、「香港国家安全法」が施行されました。「一国二制度」の下での高度な自治が失われたとして、西側世界と中国の対立は一気に深まっています。米中経済の分離は、サプライチェーンの見直しなど、グローバル企業にも大きな変化を迫りそうです。