ブリオ快走でホンダ系がインドネシア新工場

東南ア最大市場に部品も進出

東南アジア最大の自動車市場インドネシアは、夜になってもラッシュが続く(写真はジャカルタ市内)

ホンダ系のサスペンションメーカー、エフテックは12月12日、2013年1月にインドネシアのカラワン県カラワン工業団地に自動車用サスペンション部品を製造する子会社を設立すると発表した。資本金は5億円で、商社等の出資も受ける。13年9月から生産を開始する予定だ。

インドネシアの自動車市場は11年にタイを抜き、東南アジア最大の規模となった。引き続き高い成長が見込まれているうえ、歴史的に日系メーカーのブランド力が強く、日系各社の積極的な投資が続いている。

ホンダも年間6万台の生産能力を持つ現工場に加え、14年中の稼働に向けて年産12万台の新工場を建設中だ。ホンダは新工場で、アジア新興市場専用に開発された「ブリオ」を主に生産する予定で、13年には既存工場で先行的にブリオの生産を開始する。

エフテックが新たに進出するのは、このホンダのインドネシア強化に対応したもの。ホンダ新工場の生産が本格化する16年3月期には業績に貢献してきそうだ。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • トクを積む習慣
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT