ホンダが新型軽「N-ONE」に賭ける思い

団塊と若者の両方狙う

ホンダは11月1日、新型軽乗用車「N-ONE(エヌワン)」(=上写真=)を2日から全国で発売すると発表した。現在主流のワゴンタイプなどとは一線を画したデザインを採用、加速性能にもこだわって、室内容量重視あるいは経済性一辺倒ではない路線のクルマだ。価格は115万~170万円で、中心モデルは130万円前後。

ホンダの軽と言えば、昨年12月に発売したハイトワゴン「N BOX(エヌボックス)」が大ヒット。今年7月には荷室をアレンジした派生車種の「N BOX+(エヌボックスプラス)」も投入した。

それまで低落の一途だったホンダの軽乗用車シェアは、急浮上している。N BOXは今年上半期(2012年4~9月期)11.8万台を売り上げ、軽の車種別ランキングでトップに立つなど、ホンダはいまやダイハツ、スズキの2強が制圧していた軽市場に割って入る勢いだ。

今回投入されたN-ONEは、そのN BOXの流れをくむ軽自動車の実質第2弾。軽市場でのホンダのポジションを確実にする役割を担った重要車種だ。N BOXから開発責任者を務める浅木泰昭・本田技術研究所四輪R&DセンターLPL主任研究員は「1車種がヒットしただけならたまたまと言われる。2つめもヒットさせてホンダ軽の実力を示したい」と意気込む。

次ページ1万台に迫る先行予約を獲得
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。