ホンダが新型軽「N-ONE」に賭ける思い 団塊と若者の両方狙う

拡大
縮小

11色を揃えただけでなく、5パターンのツートンカラーも用意した。車体塗装の塗り分けは、技術的にも難しく、工程もかさむ。しかし、それでも質感を出すためにこだわった。工程の問題でツートンの組み合わせは固定となっているが、「自由に色を組み合わせるフルオーダーも実現したい」と浅木氏は語る。

もっとも軽のチープ感を払拭するためだからといって、あくまでお得感がウリの軽である以上、安易な価格アップは受け入れられない。N-ONEのコストダウンのキーとなっているのが、N BOXと共通化したプラットフォームだ。

基本車種を絞り量産効果狙う

そもそもN BOX、N-ONEはシャシーやボディなどクルマの基本構造(プラットフォーム)を共有化させたシリーズ車種。基本的な設計や部材、製造は共有する思想のもとに開発されている。基本車種を絞り派生展開することで量産効果を狙うわけで、N BOXのヒットがあればこそ、N-ONEの特長が出せるのだ。

Nシリーズ開始にあたり、ホンダは、三重県鈴鹿市の鈴鹿工場に、軽の開発から調達、生産、営業部隊までを集結させ、全工程での最適化を追求している。現在、鈴鹿工場にある2本のラインのうち、1本分(年産25万台)はNシリーズの生産で埋まり、もう1本のラインは混流ラインでフィットなどコンパクトカーとともに生産されている。量産体制が効き「軽だからといって採算性が悪化していると言うことはない」(松本氏)。

今後、ホンダでは、Nシリーズの派生車種や軽スポーツ車などで、軽全体で2015年までに5車種を追加する計画だ。ハイトワゴン、質感重視、と来て、次は経済性重視のセカンドカータイプなどもラインナップすることになる。鈴鹿のラインをすべて軽で埋めることでさらに生産性を高めていくことを目指す。

関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT