世界屈指のバイク大国に殴り込むジャックス

ベトナムの次はインドネシア

信販大手のジャックスがインドネシアに進出する。

ジャックスは11月26日、現地で2輪車販売金融を営むササナ・アルサ・ファイナンス(SAF)の株式の40%を取得することで、現地有力企業グループのMPM社と合意したことを発表した。ジャックスはSAFへの経営参画を通じて、年間販売台数で800万台を超えるASEANの大国かつ2輪車王国であるインドネシアのバイクローン事業参入に橋頭堡を築く。

関係密接なホンダ2輪車のローン手掛ける

ジャックスは今2013年3月期から新3カ年計画「ACT11」をスタート。個品割賦やカードショッピングなどを柱とする国内事業のトップライン(売り上げ=営業収益)反転増と並び、アジア中心の海外事業の展開強化を謳っている。

ASEANでは、すでに10年に100%出資の現地法人をベトナムに設立し、バイクローン市場開拓に着手。今回のインドネシア進出はベトナムに次ぐアジア事業展開のいわば第2弾となる。

具体的には、日本国内でも関係の密接な、ホンダ2輪車のバイクローンをベトナムに続きインドネシアで手掛ける。

インドネシアは世界第4位の人口2億4000万人を抱え、11年には2輪車の販売台数が日本の20倍に当たる800万台を超えた。なおかつ、高成長が続く世界屈指のバイク大国だ。

次ページホンダは現地シェアトップ
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT