NTT、「IFRS導入」で浮かび上がる戦略の重点

会計基準変更で巨額の増益メリットを享受

IFRSによる決算発表は2019年3月期の第1四半期(4~6月期)から開始する。これを機にNTTも、NTTドコモもニューヨーク(以下NY)証券取引所の上場を廃止する。NTTは1994年9月、NTTドコモは2002年3月に米国預託証券(ADR)をNYに上場しているが、最近では取引量が極めて少なく、上場を維持する意義が薄れていた。

2018年3月に上場廃止を申請し、同4月に上場廃止となる見込みだ。合わせて米証券取引委員会(SEC)への登録もやめる。

海外M&A戦略を一気に加速するのか?

光回線、スマホ販売など国内市場が成熟する中、海外の拡大はNTTグループにとって最重要課題。IFRS導入を機に、グループは海外M&A戦略を加速させることになりそうだ。

海外M&Aを重要な成長戦略と位置づけるNTTデータの岩本敏男社長。IFRS導入で本領発揮か

海外戦略を担うNTTデータは日本基準を採用しているため、M&Aに伴うのれんの償却負担が増え、海外事業はほとんど利益が出ていない(持ち株会社のNTTは米国会計基準のため、連結決算上の影響はない)。

IFRSを導入すれば、のれん償却を気にせずにM&Aを積極化できるというわけだ。鵜浦社長はNTTデータの業績動向も気にかけて、導入を決めたのだろう。

かなり特殊な事例となったNTTグループだが、日本において定率法を採用する装置産業の大企業は多い。移行に伴うメリットを最大限に活用する手法は、今後IFRSを導入する企業のモデルケースになる可能性もありそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 住みよさランキング
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行員の岐路<br>30万人の明日はどっちだ

超低金利、過剰な店舗、デジタル化対応にフィンテックの台頭。大きな課題に直面する銀行の苦悩は、岐路に立たされる銀行員たちの姿でもある。3メガバンクの人事改革、銀行員の転職事情、地銀決算ランキングなど、銀行員必読の特集。