NTT、「IFRS導入」で浮かび上がる戦略の重点

会計基準変更で巨額の増益メリットを享受

しかし、話はこれで終わらない。NTTは将来を見据え、今期4600億円を費用計上する予定だ。どういうことなのか。その中身は2つある。

一つは旧世代の通信設備を通常よりも速く償却する「加速度償却」。税金を余計に払ってでも、早期に処理する方法だ。これは、4800億円の余裕があるうちに手を打つことで、将来の償却負担を減らす狙いがある。

もうひとつは、通信設備の「未償却残価(10%分)の償却」である。こちらは、定率法だとどうしても残ってしまう未償却の資産を、IFRS導入前に償却するというもの。そうしなければ、IFRS移行時に減損というマイナス要因として、のしかかりかねないからだ。いずれも移行前に不安の芽をつぶす、鵜浦社長の深謀遠慮が見え隠れする。

来期も3000億円台の増益要因

さらに鵜浦社長は、4600億円の枠について「すべて使うとは限らない」ともしている。NTTの今期営業利益計画は前期比820億円増の1兆4300億円。同社は最低線の数字としているが、仮にこれを下回りそうな場合、いくらかを翌期以降に持ち越し、何としてでも増益を確保する構えだ。

鵜浦社長と同時に就任したドコモの加藤薰社長(左)は6月で退任する(撮影:梅谷秀司)

ちなみに、定額法への変更による4800億円の増益要因の大半は、残価10%の資産を多く抱えるNTT東日本とNTT西日本が占める。次に多いのはドコモで2000億円。ドコモは1500億円の前倒し償却を今期実施する。NTTデータは、償却が4年目以降となる設備が多いため、定額法への変更メリットはないとしている。

定額法の恩恵は来期も続く。来2018年3月期は今期ほどではないとはいえ、なお3000億円台の増益要因となる。どれほどの費用計上となるかは未定としているが、来期も今期同様、体質強化策を打つ可能性は十分ある。

次ページ海外戦略を加速できるのか?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 中学受験のリアル
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。