掃除を時短!「最強」コードレス掃除機の凄さ

メイン掃除機として使える今初夏発売モデル

また、バッテリー稼動時間の短さやゴミ捨て時の詰まりなど、従来モデルで言われていた弱点は「Dyson V8」にはなくなり、より完成度が高まっている。

すき間掃除に強い「パナソニック」

パナソニック「iT MC-BU500J」(6月20日発売予定、予想実勢価格8万6180円)

手間なく、素早く掃除したいが、棚のすき間などにたまるホコリが許せないという人には、すき間掃除に強いスティック掃除機がオススメだ。パナソニックのスティック掃除機「iT MC-BU500J」(6月20日発売予定、予想実勢価格8万6180円)は幅7.2センチのスリムヘッドを採用するのが特徴。

これまで棚と棚の間など、狭い部分を掃除するときは、ヘッドをすき間ノズルなどに付け替える必要があった。しかし、「iT MC-BU500J」ではその手間がかからない。その理由が、新開発の「くるっとパワーノズル」だ。

「iT」のヘッドは通常のT字型だが、持ち手を180度ひねるとヘッド部が立ち上がり、上から見たときにI字型に変化する。すると、ヘッドの幅は5センチとなるため、棚と棚の間などの狭い部分にそのまま差し込んで掃除できるのだ。

持ち手を180度ひねるとヘッド部が立ち上がり、ヘッドの幅は5センチとなる

さらにI字型に変形したときに壁際に押しつけるとヘッドの前方部分が大きく開く構造となっており、際にある微細なゴミもしっかりと吸い込める。

このほか、「iT」には、ハウスダスト発見センサーを搭載しており、床上に目に見えないゴミがなくなったこともわかるため、より効率よく掃除できるのだ。

次ページ壁掛けにもひと工夫
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT