過去最多1504人競う「ドタバタ選挙」の舞台裏

党首演説からは見えない候補者の等身大の姿

維新は日銀職員を対抗馬に

民主の海江田万里氏(63)と元自民の与謝野馨氏(74)の両氏が長らく争った屈指の激戦区、東京1区。今回は都内最多の9人が立候補した。

今回、自民から立つのは新人で元経済産業省職員、山田美樹氏(38)だ。4日の出陣式には250人近くの支援者が集まり熱気に包まれた。午後には自民幹事長の石原伸晃氏も応援演説にかけつけた。

自民はこれまで世襲や秘書、官僚など限られた政界関係者で固めてきたが、前回選挙で大敗後、党改革の象徴にすべく公募制を導入。そのうちの一人が山田氏だ。

経産省に9年間勤めた後、外資系コンサルティング会社など民間企業に7年間勤務し、10年秋に自民党・東京都連の公募に応募した。山田氏は「時間、コスト感覚、顧客視点の三つで官と民の隔たりが大きいと感じた。その差を政治の力で変えていきたい」と訴える。

日本維新の会も同じく経済関係に強い日本銀行出身の新人、加藤義隆氏(38)で挑む。経済政策ブレーンを目指し、橋下徹代表代行が設立した「維新政治塾」の門をたたいた。もともと日銀を辞めるつもりはなく、出馬の予定はなかった。だが、急きょ東京1区での擁立が決まった。

加藤氏は「解散した11月16日に選挙要請があり、上司にすぐに退職を願い出た。びっくりされ『やめとけ』と引き止められたが、もう時間がなかった。職場にはまだ荷物もそのままの状態。退職金や自己資金で(最低選挙資金とされる)2000万円を用意した」と苦笑いする。

次ページ一方民主党は…
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • インフレが日本を救う
  • コロナショック、企業の針路
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。