天候不順に食材高がトドメ、外食は全滅状態

【産業天気図・外食】

再度の安値競争突入へ

13年度の上期も既存店の動向については急激な回復は望めそうにないため、ファストフード各社は再び安値競争に突入する。特に牛丼3社は米国産牛肉の輸入規制緩和をきっかけに、既存店のテコ入れ策として再び値引き販促を再開する構えだ。マクドナルドは値引き販促を控え、ビックマックなど基幹商品を売り込むとするが、効果は未知数だ。ファストフード各社は12年度に苦しめられたコメや牛肉といった食材価格の下落、さらにコスト削減といった消極的な手法により、増益に持ち込むだろう。居酒屋業界やファミレスは引き続き既存店の前年割れに苦しみ、話題に乏しい期間となりそうだ。

両期間を通じ、例外的に好調を維持しそうなのはスターバックスとワタミだ。スタバは13年中に国内1000店舗を達成、既存店も堅調を維持しており勢いに乗る。ワタミは居酒屋など外食が弱含んでも、介護や宅配弁当が収益を牽引する。

震災以後、再び業界の長期低迷が明らかになっており、コロワイドによるレックスホールディングスの子会社化など活発な業界再編は続きそうだ。またゼンショーがスーパーマーケットのマルヤを買収し、共同購買による原価圧縮の動きを加速させている。こうした流通への進出を含め業界を飛び越えた再編にも注目が集まりそうだ。

2012年10月~2013年3月 「雨」

2013年4月~2013年9月 「曇り」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT