毎日の揚げ物が体に及ぼす、もう1つの「危険」

コンビニ飯でできる、今日からの現実的対策

食事の好みは個々人で確立されていると思いますが、揚げ物好きの方はサラダやフレッシュフルーツをプラスする、フライドポテトはポテトサラダにするなどの方法で、知らず知らず摂りすぎてしまっているアクリルアミドの影響を低減することができるでしょう。

〈みわ子流、アクリルアミド対策につながるコンビニアイテム!〉
●動物性食品(お肉・魚介類)
唐揚げやトンカツ、魚のフライは、衣(小麦粉やパン粉)で表面を覆って揚げているので、注意が必要。豚しゃぶサラダ、ローストビーフサラダ、サラダチキン、煮魚、焼き魚、魚介のマリネ、鮮魚のカルパッチョなどを選ぶようにしましょう。
●パン、菓子類
キツネ色に焼かれたパンやパンケーキ、クッキーなどの焼き菓子は食欲をそそられますよね。これらの食品をいただく時は、必ず野菜や果物などと一緒に。また蒸しパンや大豆粉由来の焼き菓子なら、摂取量が抑えられるでしょう。
●スナック菓子系
ポテトチップスやフライドポテト、そしてコーン系のスナック菓子はアクリルアミドの含有量が比較的高くなってしまいますが、一部のメーカーでは製造時に発生量を抑える工夫をしているケースも。お気に入りのお菓子はネットでチェックしておきましょう。
豆や米系のスナック菓子は比較的数値が低いようです。またポテト好きの方は、ポテトサラダなどの選択肢も取り入れてみましょう。

 

繰り返しになりますが、アクリルアミドを過度に怖がって、すべて排除しようとするのは現実的ではありません。とはいえ、今後間違いなく認知度が高くなってくる物質なので、過剰摂取にだけはならないよう、食生活を整えていきましょう。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT