スズキのドル箱・ワゴンRにまさかの展開

目標割れ響き軽シェアが低下

一方、ダイハツは、ワゴンRの競合車種「ムーブ」を12月20日にマイナーチェンジして投入する。低燃費でヒットしたミライースの技術を活用して、燃費は29.0キロメートル/リットルとワゴンRを上回る数字を作ってきた。フロントグリルのデザインも変更し、見た目の新しさも演出する。激しい競争を繰り広げることになるのは間違いない。

ダイハツ、ホンダ、日産-三菱と競合が猛攻

さらに、来年2013年には、ミラ、そしてタントをフルモデルチェンジする。タントは、今年にもモデルチェンジを予定していたが、NBOX旋風と現行車種の根強い人気からあえて時期ずらし、万全の準備で臨む。

加えてホンダも15年までにさらに5車種の軽自動車を投入すると表明しており、国内市場での軽自動車強化を一段と進める構えだ。引き続き、軽自動車市場の台風の目となりそうだ。

実力は未知数ながら、日産自動車と三菱自動車の合弁会社による軽自動車も13年半ばにはいよいよデビューする。スズキは日産に軽自動車をOEM供給(スズキ:MRワゴン→日産:モコ、同パレット→ルークス)しており、パートナーが一転、無視できない勢力になる可能性もなくはない。

「軽ナンバーワン奪回」の掛け声とはうらはらに、軽乗用車市場でスズキを取り巻く環境は厳しくなっている。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 最新の週刊東洋経済
  • 本当は怖い住宅購入
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自前の物流網を一気に拡大<br>アマゾンジャパンの真意

アマゾンジャパンで物流部門を長年統括するジェフ・ハヤシダ氏へのインタビュー。個人事業主に直接配送を委託する「アマゾンフレックス」の構想は4年前からあり、現在は首都圏中心の6地域ですが、今後3年で全国に広げることが明かされました。