ビジネス・経済書「トップ200冊」ランキング

1位はカリスマ経営者・小山昇氏の最新刊

出版社の皆さま、お待たせしました!最新の週間ランキングをお届けします(写真:Graphs / PIXTA)

いま多くの読者に支持されているビジネス・経済ジャンルの書籍は何か。5月22~28日にアマゾンで売れた書籍(電子版を除く)のランキングをみていこう。

1位は『儲ける社長の人事評価ルールのつくり方』。中小企業経営者の間に多くのファンを持つ小山昇・武蔵野社長の最新作だ。武蔵野で行っている賃金テーブルや賞与のしくみ、手当など、社員のモチベーションを高める人事評価制度のつくり方をわかりやすく解説している。

2位はマナーのカリスマ講師・西出ひろ子氏による、ビジネスマナー教本『超一流のビジネスマンがやっているすごいマナー』。ゆとり世代が悩む、会社では教えてくれないマナー・作法を解説している。

3位は『パナマ文書』。パナマ文書の正体、今後の世界と日本に与える影響を分析している。

次ページ以降、193位までの売り上げランキングを掲載する。

次ページ1~50位は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 精神医療を問う
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT