ビジネス・経済書「トップ200冊」ランキング

1位はカリスマ経営者・小山昇氏の最新刊

出版社の皆さま、お待たせしました!最新の週間ランキングをお届けします(写真:Graphs / PIXTA)

いま多くの読者に支持されているビジネス・経済ジャンルの書籍は何か。5月22~28日にアマゾンで売れた書籍(電子版を除く)のランキングをみていこう。

1位は『儲ける社長の人事評価ルールのつくり方』。中小企業経営者の間に多くのファンを持つ小山昇・武蔵野社長の最新作だ。武蔵野で行っている賃金テーブルや賞与のしくみ、手当など、社員のモチベーションを高める人事評価制度のつくり方をわかりやすく解説している。

2位はマナーのカリスマ講師・西出ひろ子氏による、ビジネスマナー教本『超一流のビジネスマンがやっているすごいマナー』。ゆとり世代が悩む、会社では教えてくれないマナー・作法を解説している。

3位は『パナマ文書』。パナマ文書の正体、今後の世界と日本に与える影響を分析している。

次ページ以降、193位までの売り上げランキングを掲載する。

次ページ1~50位は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
  • エネルギーから考えるこれからの暮らし
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT