ビジネス・経済書「ベストセラー200」最新版

1位は「世界の終わりの歩き方」

最新のビジネス・経済書ランキングをお届けする(写真:Taka/Pixta)

いま多くの読者に支持されているビジネス・経済ジャンルの書籍は何か。5月29~6月4日にアマゾンでたくさん売れた書籍(電子版を除く)のランキングをみていこう。

1位は『世界の終わりの歩き方』。不安定な今の世の中を「世界の終わり」と位置づけ、その厳しい状態をサバイバルするための9つの知恵について記された攻略本的な「生き方指南書」である。

2位は『なぜ、あなたの仕事は終わらないのか』。急成長期の米マイクロソフトでWindowsの重要部分を担当するプログラマーとして活躍した中島聡氏の書き下ろしで、締め切りを確実に守りながらレベルの高い成果物を出し続けてきた超合理的な「仕事術」を披露する。

次ページ以降、193位までのランキングを掲載する。読みたい本探しの参考にしてほしい。

次ページ1~50位は?
関連記事
トピックボードAD
  • グローバルアイ
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
トヨタとソフトバンク<br>入り乱れる異業種連携

「モビリティサービス会社に変わる」宣言をしたトヨタ自動車が、常に先を行くソフトバンクに頭を下げた。世界企業の合従連衡を1枚で表した「自動車・IT業界地図」に崩れる垣根が一目瞭然。