藤野英人氏が見たクックパッド「お家騒動」

少数株主としてガバナンスのあり方を問う

「未上場の実体を持った上場企業は多い」と話すレオス・キャピタルワークス社長の藤野英人氏(撮影:梅谷秀司)

 

創業者である佐野陽光(さの・あきみつ)氏が、穐田誉輝(あきた・よしてる)氏率いる旧経営陣を排除したことが波紋を呼んでいるクックパッド。佐野氏は全体の43.6%を所有する大株主で、その行動は法律的な違反といえるものではない。しかし、中立的な統治形態である指名委員会等設置会社の枠組みを、株主提案権を用いて強行突破したことが問題視されている(参考:クックパッドは企業統治の選択を誤っていた)。

一方、佐野氏以外の株主の多くは、穐田氏の経営体制を支持していただけに、今回の件については最も大きな影響を受けたといえる。ひふみ投信を運用するレオス・キャピタルワークス社長の藤野英人氏に、一連の騒動について少数株主の視点から話を聞いた。

二つの「正しいもの」のどちらを選ぶか

――クックパッドにおける一連の騒動について、どのようなことを感じましたか。

今回は、レシピ事業に集中すべきとする佐野さんと、多角化を進める穐田さんの、経営方針の違いが問題になっただけで、両方ともそれぞれの立場からは正しいことを言っている。意思決定で最も難しいのは、正しいものと正しいものの間で、何を選ぶのかということなのです。

民主主義の話と同じで、本当に最高なのは最も全知全能の人が統治する「哲人政治」なんですよね。しかし、それは最悪の形である「独裁」と、常に隣り合わせになる危険をはらんでいる。

次ページ佐野氏は「哲人」といえるか
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT