藤野英人氏が見たクックパッド「お家騒動」

少数株主としてガバナンスのあり方を問う

「未上場の実体を持った上場企業は多い」と話すレオス・キャピタルワークス社長の藤野英人氏(撮影:梅谷秀司)

 

創業者である佐野陽光(さの・あきみつ)氏が、穐田誉輝(あきた・よしてる)氏率いる旧経営陣を排除したことが波紋を呼んでいるクックパッド。佐野氏は全体の43.6%を所有する大株主で、その行動は法律的な違反といえるものではない。しかし、中立的な統治形態である指名委員会等設置会社の枠組みを、株主提案権を用いて強行突破したことが問題視されている(参考:クックパッドは企業統治の選択を誤っていた)。

一方、佐野氏以外の株主の多くは、穐田氏の経営体制を支持していただけに、今回の件については最も大きな影響を受けたといえる。ひふみ投信を運用するレオス・キャピタルワークス社長の藤野英人氏に、一連の騒動について少数株主の視点から話を聞いた。

二つの「正しいもの」のどちらを選ぶか

――クックパッドにおける一連の騒動について、どのようなことを感じましたか。

今回は、レシピ事業に集中すべきとする佐野さんと、多角化を進める穐田さんの、経営方針の違いが問題になっただけで、両方ともそれぞれの立場からは正しいことを言っている。意思決定で最も難しいのは、正しいものと正しいものの間で、何を選ぶのかということなのです。

民主主義の話と同じで、本当に最高なのは最も全知全能の人が統治する「哲人政治」なんですよね。しかし、それは最悪の形である「独裁」と、常に隣り合わせになる危険をはらんでいる。

次ページ佐野氏は「哲人」といえるか
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。