鈴木会長引退を招いた「人事案否決」の舞台裏

セブン王国に亀裂、瓦解へと向かうのか

コンビニ社長の交代を提案して否決されたセブン王国の総帥、鈴木敏文会長は引退を決断した(撮影:尾形文繁)

「1カ月ちょっと前、鈴木(敏文)会長から、社長を交代するように、という話があった。交代の理由を説明されたが私は理解できなかった。2009年に社長になり、精いっぱいやってきた。5期連続最高益。社内制度の面でも、みなし残業の問題、コンプライアンスへの対応などに取り組んできた。背任行為や違反行為もない。体も精神も健康だ。(社長として)やらなければいけないことはまだある」

丁寧だが、強い意志を感じさせる口調。そして「明日の取締役会で、申し上げたいことは申し上げるつもりだ」。

4月6日夜、本誌の取材でこう打ち明けたのは、セブン&アイ・ホールディングス傘下で、コンビニエンスストア事業を手掛けるセブン-イレブン・ジャパンの井阪隆一社長(58)だ。

社長交代は納得できない

そして翌7日。セブン&アイの取締役会は、セブン王国の総帥、鈴木会長(83)が考えた、井阪社長を交代させる人事案を諮った。

井阪氏が本誌に語った内容は、鈴木会長に反旗を翻すに等しい行為だ。しかし、自身の社長交代に納得できない井阪氏は、取締役会で自分の考えを表明せざるをえなかった。

井阪氏は鈴木会長についてこうも語っていた。「鈴木会長の哲学の影響を受けた。尊敬しているし、それはこれからも変わらない。ただガバナンスをもっとしっかりしていかないといけない。みんなが理解できる意思決定の判断基準が必要だ。ステークホルダーは本当に多いのだから」。

次ページ異議を唱えたステークホルダーは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。