鈴木会長引退を招いた「人事案否決」の舞台裏

セブン王国に亀裂、瓦解へと向かうのか

コンビニ社長の交代を提案して否決されたセブン王国の総帥、鈴木敏文会長は引退を決断した(撮影:尾形文繁)

「1カ月ちょっと前、鈴木(敏文)会長から、社長を交代するように、という話があった。交代の理由を説明されたが私は理解できなかった。2009年に社長になり、精いっぱいやってきた。5期連続最高益。社内制度の面でも、みなし残業の問題、コンプライアンスへの対応などに取り組んできた。背任行為や違反行為もない。体も精神も健康だ。(社長として)やらなければいけないことはまだある」

丁寧だが、強い意志を感じさせる口調。そして「明日の取締役会で、申し上げたいことは申し上げるつもりだ」。

4月6日夜、本誌の取材でこう打ち明けたのは、セブン&アイ・ホールディングス傘下で、コンビニエンスストア事業を手掛けるセブン-イレブン・ジャパンの井阪隆一社長(58)だ。

社長交代は納得できない

そして翌7日。セブン&アイの取締役会は、セブン王国の総帥、鈴木会長(83)が考えた、井阪社長を交代させる人事案を諮った。

井阪氏が本誌に語った内容は、鈴木会長に反旗を翻すに等しい行為だ。しかし、自身の社長交代に納得できない井阪氏は、取締役会で自分の考えを表明せざるをえなかった。

井阪氏は鈴木会長についてこうも語っていた。「鈴木会長の哲学の影響を受けた。尊敬しているし、それはこれからも変わらない。ただガバナンスをもっとしっかりしていかないといけない。みんなが理解できる意思決定の判断基準が必要だ。ステークホルダーは本当に多いのだから」。

次ページ異議を唱えたステークホルダーは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 埼玉のナゾ
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行員の岐路<br>30万人の明日はどっちだ

超低金利、過剰な店舗、デジタル化対応にフィンテックの台頭。大きな課題に直面する銀行の苦悩は、岐路に立たされる銀行員たちの姿でもある。3メガバンクの人事改革、銀行員の転職事情、地銀決算ランキングなど、銀行員必読の特集。