フェイスブックの「ボット」は使えるのか?

なかなか増えない参加メディア

今回の新サービスは準備不足の状態でスタートしたのかもしれない(Illustration:Pcanzo / PIXTA)

チャットにおけるボット(bot)は、パブリッシング界の一大事だと考えられている。

フェイスブックが2016年4月に、アプリ「Messenger」のボットプラットフォームを発表。あわせて、「CNN」「ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)」、そしてお天気サービスの「ポンチョ」といったローンチパートナーを公表したことで、ボットの製品化は大きく前進した。第一陣に加われなかったほかの企業もこの機会に乗じ、自分たちもユーザーとの交流(および記事のプッシュ通知)のために、まもなくボットを提供すると急いで発表している。

フェイスブックの準備不足?

この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:インフォバーン)の提供記事です

しかし、それ以降、ボットのリストは、ローンチ時点で提供された一部のパブリッシャーとブランドから、大きくは増えていない。理由はいくつかある。パブリッシャーの複数の開発者によると、フェイスブックはボット登録の殺到に備えていなかったらしく、いま彼らはひたすらゴーサインを待っている状態だという。ある開発者は、「フェイスブックはすべての登録を受けつけて、承認できるだけの備えができていない」と、話す。

また、フェイスブックはF8開発者会議での発表を除けば、ボットをあまり売り込んでいない。「ポンチョ」を開発したベータワークスのCEO、ジョン・ボースウィック氏によると、「Messenger」の一部ユーザーには人や団体を検索したときにボットが表示されるが、それ以外のユーザーはボットを探し回る必要がある。「ボットをいかにリリースして、プロモーションするべきなのか、フェイスブックはようやく考えはじめたばかりだ」と、ボースウィック氏は話している。

次ページパブリッシャー側の実情
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT