日銀総裁の会見に注目

11/19以降の株式の話題

11月第3週は、まず週初の19日に日銀の金融政策決定会合が開催される(20日まで)。前回10月30日の会合では、2カ月連続の追加金融緩和を決定。今回は具体策の発表は見送られる可能性が高いが、金融緩和の継続姿勢を打ち出せるか。マーケットへのアピールが不得手とされる白川方明総裁だが、“変身”を期待したい。

 また、19日の日本時間夜に米10月中古住宅販売が発表される。住宅市場の回復度合いを確かめたい。23日は米国のブラック・フライデー。感謝祭の翌日の金曜日からクリスマス・セールが始まり、小売店が黒字になることからこう呼ばれる。クリスマス商戦の行方を占う盛り上がりぶりに注目だ。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
  • ネットで故人の声を聴け
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT