クルーズ氏、米共和党候補争いに「再参戦」?

「われわれは当然、状況に応じて対処する」

 5月10日、米大統領選挙の共和党候補指名争いから撤退した、テッド・クルーズ上院議員(写真)は、再参戦の可能性は低いとしながら、検討に含みを残した。保守系のラジオホストのインタビューで語った(2016年 ロイター/Carlos Barria)

[ワシントン 10日 ロイター] - 米大統領選挙の共和党候補指名争いから撤退した、テッド・クルーズ上院議員(45)は10日、再参戦の可能性は低いとしながら、検討に含みを残した。保守系のラジオホストのインタビューで語った。

クルーズ氏は「(再参戦の検討は)ないだろう。先週、選挙活動を停止した理由は、インディアナ州で破れ、勝利への実行可能な道筋を見失ったためだ」と説明。「ただ、そうした状況が変われば、われわれは当然、状況に応じて対処する」と述べた。

ドナルド・トランプ氏陣営は、クルーズ氏再参戦の公算が非常に小さいとの見方を示した。

顧問のサム・クロヴィス氏はCNNで「この国の共和党政治にテッドの将来があるのなら、(クルーズ氏は)大切にしようとするだろう」と語り、「選挙活動を停止した後に、決選投票前に再開しようとすれば、彼のブランドに傷がつく」と話した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT