クルーズ氏、米共和党候補争いに「再参戦」?

「われわれは当然、状況に応じて対処する」

 5月10日、米大統領選挙の共和党候補指名争いから撤退した、テッド・クルーズ上院議員(写真)は、再参戦の可能性は低いとしながら、検討に含みを残した。保守系のラジオホストのインタビューで語った(2016年 ロイター/Carlos Barria)

[ワシントン 10日 ロイター] - 米大統領選挙の共和党候補指名争いから撤退した、テッド・クルーズ上院議員(45)は10日、再参戦の可能性は低いとしながら、検討に含みを残した。保守系のラジオホストのインタビューで語った。

クルーズ氏は「(再参戦の検討は)ないだろう。先週、選挙活動を停止した理由は、インディアナ州で破れ、勝利への実行可能な道筋を見失ったためだ」と説明。「ただ、そうした状況が変われば、われわれは当然、状況に応じて対処する」と述べた。

ドナルド・トランプ氏陣営は、クルーズ氏再参戦の公算が非常に小さいとの見方を示した。

顧問のサム・クロヴィス氏はCNNで「この国の共和党政治にテッドの将来があるのなら、(クルーズ氏は)大切にしようとするだろう」と語り、「選挙活動を停止した後に、決選投票前に再開しようとすれば、彼のブランドに傷がつく」と話した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT