新モデルが続々登場、SUV人気再燃の理由

スバルが新型フォレスター

たとえば、今から5年前を振り返ってみよう。07年4~9月の車名別ランキングでみるとSUVで最も売れていたのはハリアーの30位(1万5869台)が最高だった。コンパクトカーやワンボックスのミニバンの人気が高い点は今も5年前も同じ。今は「プリウス」「アクア」といったハイブリッド専用車が上位に食い込んでいる点も違う。

それに加えて目についたのが、5年前にランクインしていた「プレミオ」「アリオン」(いずれもトヨタ)のような中級セダン。今は上位ランキングから姿を消してしまっている。かつて人気を誇ったミニバンで上位に食い込むモデルも、相対的に少なくなった。

いったん下火になった人気が再燃か

もともと国内のSUVの先駆となったのはトヨタ「RAV4」といわれる。バブル崩壊後の1994年に登場し、当時のヒット車種となった。その後、ホンダ「CR-V」などが続き、人気を博したが一時は下火になっていた。

ここへ来てSUV人気が再燃しつつあるのは、もともと市場縮小が止まらなかったセダンに多くの消費者が完全にそっぽを向き、かつて人気だったミニバンにも飽きてしまいつつある中で、SUVのデザインやコンセプトに再び目新しさを感じているという流れがありそうだ。国内のSUV市場について臺プロジェクトゼネラルマネージャーは「現時点で年間20万~24万台ぐらいはあり、今後も伸びるだろう」と語る。

一方で、各社の新型SUVがそろい踏みすることで、競争も激しくなりそうだ。デザインやコンセプト、性能、居住性などといった商品性とともに、販売・マーケティング力も試される。SUV人気の復活とともに、自動車メーカーの新たな闘いが幕を切って開けた。

(撮影:尾形 文繁)

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。