過熱するローカル私鉄ブーム! 津軽鉄道・おばちゃん編

過熱するローカル私鉄ブーム! 津軽鉄道・おばちゃん編

貧窮した地方鉄道を救うための観光客呼び込み策には、沿線住民の協力が欠かせない。

青森県の津軽鉄道は、冬の「ストーブ列車」、秋の「鈴虫列車」などで、全国的な知名度を誇る。年間約2万人もの観光客が訪れることもあり、沿線住民も、この鉄道が財政難に陥っているとは知らなかったという。

乗車人数は1974年の256万人をピークに07年はわずか33万人。定期外の観光客も微減傾向にあり、他線同様、十分な運行保全の修繕まで手が回らない状況。修繕ができなければ、運行は継続できない。地元有志は06年1月にサポーターズクラブを設立。寄付金を募り、フォーラムやイベントで津軽鉄道存続に向けた訴求を行った。これをきっかけに、地元全体で津軽鉄道支援の機運が盛り上がっていった。

「いろんな人との出会いがあって面白い」と津軽弁交じりで語るのは、そろいの衣装を着けてストーブ列車に乗り込み、観光客のもてなしを行う津鉄応援直売会の女性たち。沿線の主婦が結成したボランティア組織だが、実は彼女たちも津軽鉄道の財政難を最近になって知ったという。ストーブ列車でりんごや名産菓子、グッズを売ったり、民謡を歌ったりする。これが、観光客に好評を呼び、旅行代理店も彼女らとの触れ合いを売りにしたツアーを組んだ。

津軽鉄道は、07年度の定期外収入が前年比1・9%増えた。「楽観はできないが、いろいろな人の力が出てきて確かに明るくなってきた」と澤田長二郎社長は語る。
(週刊東洋経済編集部)

津軽鉄道
●20.7キロ 12駅
●年間乗車人員:33万人
●売上高:1億2200万円
●保有車両:機関車2両、
 客車10両など15両
●1日の運転回数:30本
●運転速度:最高時速60km
●単線、非電化
(注)乗車人員と売上高は2006年度、運転回数は08年4月現在


大きな地図で見る

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT