日経平均株価「1万4000円」まで下げる可能性

日銀はマーケットから信頼を失いつつある

一方、レオス・キャピタルワークス代表取締役の藤野英人氏は、サミット前に経済対策が打たれた場合、マザーズ銘柄には要注意という。

「経済対策によって大型株が戻れば、逆にマザーズ銘柄が売られる可能性がある。特に、短期で2、3倍になった銘柄は、バリュエーションの面からも割高なものが多いので、利食った方が良い」(藤野氏)。

「ひふみ投信」、「ひふみプラス」という2本の公募型投資信託で1100億円を超える運用資産総額を持つレオス・キャピタルワークスだが、今のボラタイルなマーケットでどのような運用戦略を考えているのだろうか。

設備投資関連株には投資妙味も

「根本的には、厳しいと見ている大型株だが、かれこれ半年くらいアンダーパフォームが続いているので、巻き戻しには注意した方が良い。このところの円高、業績の下方修正で株価は大きく下げてきたが、やや売られ過ぎの感がある。ここから輸出ハイテク関連銘柄をショートしたり、あるいは手放したりすることには、慎重な姿勢で臨んだ方が良いだろう」。

また同氏は「あくまでも事後的にしか分からないが」と断ったうえで、「今の輸出ハイテク関連銘柄は、陰の極にある可能性も否定できない。また、シャープが台湾の鴻海精密工業に実質上吸収され、新しいビジネスを模索するなかで、新たな設備投資が行われる。トヨタ自動車も今後2年で大型の設備投資を行うし、東芝もフラッシュメモリーに資源を集約し、新たな設備投資を行ってくる。こうした設備投資が行われる先には確実にお金が流れるので、株価が過小評価されている東証1部、2部の設備投資関連銘柄などは、バリュエーション的にも投資妙味がある」(藤野氏)。

連休明けから、今月25、26日にかけて開催される伊勢志摩サミットまでの期間、国内株式市場は目を離せない展開が続きそうだ。
 

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT