結婚もM&Aも、「新婚生活」を侮る者はしくじる

「Day1・入籍日」はゴールではなく中間地点だ

ガバナンス方針は、親会社の子会社への期待役割で決まる。そして、子会社への期待役割は、統合後に共に目指す姿で決まるはずだ。

大事なのは、まずは統合後に目指す姿から、両社の間で合意できるガバナンス方針を策定すること、そして、それが機能しないことが発覚した際は都度話し合い、方針を改良していくこと。M&Aも結婚生活も、重要なのは紋切り型に決めたルールではなく、適宜の対話なのではないか。

成功・失敗の分かれ目は「上流工程」にある

ここまで、M&Aプロセスの3つ目である「買収後の統合」を、「新婚生活」になぞらえ解説してきた。結婚もM&Aも一緒になった直後が肝心だ。初期段階で制度や文化的ギャップに対して、どこまで気持ちのベクトルを合わせられるか、それがM&Aの成否に影響することは間違いない。

ただし、第1回目から説明している通り、M&Aの成否は、M&Aプロセスの上流から原因があることに留意したい。

M&Aを成功させるポイントを3つに絞るとすれば、第1に「M&Aの目的を明確にすること」。第2に「ビジネス・デューデリジェンス(BDD)を疎かにしないこと」。そして第3に「統合直後の初期段階でベクトルを合わせておくこと」である。

なお、本連載ではM&Aプロセスに沿って、M&Aの要諦を述べてきたが、私の考えではM&Aプロセスにはまだ先がある。「過去のM&Aをさらに活かすためのプロセス」であり、私はそれを「セカンドPMI」と称している。

セカンドPMIには、M&A後の戦略策定:PMS(Post Merger Stragety)、M&A後の再編:PMR(Post Merger Restructuirng)があり、通常のPMIとは性格が異なるものであるが、それはまた別の機会に解説したい。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。