英キャサリン妃、「ヴォーグ」誌の表紙に 

緑の帽子姿で笑顔

 4月30日、英王室のキャサリン妃(写真)が、ファッション誌「ヴォーグ」英国版の6月号の表紙を飾ることが分かった。同妃の義母に当たる故ダイアナ元妃も、同誌の表紙に何度か登場したことがある。4月インドで撮影(2016年 ロイター/Adnan Abidi)

[ロンドン 30日 ロイター] - 英王室のキャサリン妃(ケンブリッジ公爵夫人)が、ファッション誌「ヴォーグ」英国版の6月号の表紙を飾ることが分かった。同妃の義母に当たる故ダイアナ元妃も、同誌の表紙に何度か登場したことがある。

ヴォーグ誌は4月30日夜に、6月号の表紙をウェブサイトで公開した。緑色の帽子をかぶり、茶色のジャケットと白いブラウス姿のキャサリン妃が、リラックスした様子で微笑んでいる。発売日は5月5日。

また内部に掲載される別の写真では、赤と黒のストライプのシャツを着て、木のフェンスに寄りかかるキャサリン妃の姿が写されている。

一連の写真は英写真家のジョシュ・オリンズ氏が1月に撮影。そのうちの2枚は、ロンドンの「ナショナル・ポートレート・ギャラリー」で開かれる、ヴォーグ誌の100周年を記念した特別展で展示される。

ヴォーグ誌によると、キャサリン妃がファッション誌の撮影に応じるのはじめてだという。編集長は「大変に名誉なこと」などと語った。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT