英キャサリン妃、「ヴォーグ」誌の表紙に 

緑の帽子姿で笑顔

 4月30日、英王室のキャサリン妃(写真)が、ファッション誌「ヴォーグ」英国版の6月号の表紙を飾ることが分かった。同妃の義母に当たる故ダイアナ元妃も、同誌の表紙に何度か登場したことがある。4月インドで撮影(2016年 ロイター/Adnan Abidi)

[ロンドン 30日 ロイター] - 英王室のキャサリン妃(ケンブリッジ公爵夫人)が、ファッション誌「ヴォーグ」英国版の6月号の表紙を飾ることが分かった。同妃の義母に当たる故ダイアナ元妃も、同誌の表紙に何度か登場したことがある。

ヴォーグ誌は4月30日夜に、6月号の表紙をウェブサイトで公開した。緑色の帽子をかぶり、茶色のジャケットと白いブラウス姿のキャサリン妃が、リラックスした様子で微笑んでいる。発売日は5月5日。

また内部に掲載される別の写真では、赤と黒のストライプのシャツを着て、木のフェンスに寄りかかるキャサリン妃の姿が写されている。

一連の写真は英写真家のジョシュ・オリンズ氏が1月に撮影。そのうちの2枚は、ロンドンの「ナショナル・ポートレート・ギャラリー」で開かれる、ヴォーグ誌の100周年を記念した特別展で展示される。

ヴォーグ誌によると、キャサリン妃がファッション誌の撮影に応じるのはじめてだという。編集長は「大変に名誉なこと」などと語った。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT