英キャサリン妃、「ヴォーグ」誌の表紙に 

緑の帽子姿で笑顔

 4月30日、英王室のキャサリン妃(写真)が、ファッション誌「ヴォーグ」英国版の6月号の表紙を飾ることが分かった。同妃の義母に当たる故ダイアナ元妃も、同誌の表紙に何度か登場したことがある。4月インドで撮影(2016年 ロイター/Adnan Abidi)

[ロンドン 30日 ロイター] - 英王室のキャサリン妃(ケンブリッジ公爵夫人)が、ファッション誌「ヴォーグ」英国版の6月号の表紙を飾ることが分かった。同妃の義母に当たる故ダイアナ元妃も、同誌の表紙に何度か登場したことがある。

ヴォーグ誌は4月30日夜に、6月号の表紙をウェブサイトで公開した。緑色の帽子をかぶり、茶色のジャケットと白いブラウス姿のキャサリン妃が、リラックスした様子で微笑んでいる。発売日は5月5日。

また内部に掲載される別の写真では、赤と黒のストライプのシャツを着て、木のフェンスに寄りかかるキャサリン妃の姿が写されている。

一連の写真は英写真家のジョシュ・オリンズ氏が1月に撮影。そのうちの2枚は、ロンドンの「ナショナル・ポートレート・ギャラリー」で開かれる、ヴォーグ誌の100周年を記念した特別展で展示される。

ヴォーグ誌によると、キャサリン妃がファッション誌の撮影に応じるのはじめてだという。編集長は「大変に名誉なこと」などと語った。

関連記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 銀河を渡るを読む
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。