サーカスで虐待されていたライオン33頭救出

新天地はアフリカの保護区

 4月30日、南米のサーカス団で虐待などを受けていたライオン33頭が、国際動物保護団体(ADI)によって救出され、本来の生息地であるアフリカの大自然の中で新たな生活を送ることになった。写真は、移送を待つライオン。29日撮影(2016年 ロイター/Janine Costa)

[ヨハネスブルク 30日 ロイター] - 南米のサーカス団で虐待などを受けていたライオン33頭が、国際動物保護団体(ADI)によって救出され、本来の生息地であるアフリカの大自然の中で新たな生活を送ることになった。

チャーター貨物機で運ばれたライオンは30日、南アフリカのヨハネスブルク空港に到着。「移動中は比較的元気だった」といい、トラックに積み替えられ、最終目的地である同国北部の広大なエモヤ・ビッグ・キャット自然保護区に向かった。

ADIによると、24頭はペルーの複数のサーカス団から見世物にされていた他の動物とともに救出された。9頭はコロンビアのサーカス団が自主的に引き渡したという。

多くのライオンが爪を抜かれたり、牙を折られたりし、中には失明したライオンもいる。ADIによると、野生動物の保護区であれば、自然環境に近く、水飲み場や生活スペースも用意されており、徐々に新しい暮らしに慣れていくだろうという。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT