「ふともも写真」は、ハイセンスな芸術だった

1000脚の「ふともも」に囲まれるアート空間

太もも写真の世界展©ゆりあ

2014年にオープンし「変わる廃墟 VS 行ける工場夜景展」や「鼻ぺちゃ展」などユニークな展覧会を開催する浅草橋のギャラリー『TODAYS GALLERY STUDIO』。

「東京カレンダー」(運営:東京カレンダー株式会社)の提供記事です

今回4/22(金)~5/15(日)まで開催されるのが、女性の“ふともも”をモチーフに作品を撮り続ける写真家、ゆりあ氏の個展「ふともも写真の世界展」だ。

タイトルの通り、女性の“ふともも”に囲まれたギャラリー。360度ふとももの小部屋、ふともも温泉など、体験型アートも充実していて、ふとももの世界が広がる。その美的センスの高い芸術を、ぜひご覧あれ!

1000脚の“ふともも”に囲まれるアート空間

画像を拡大
太もも写真の世界展©ゆりあ

こちらのギャラリーでは、昨年7月にも“ふともも”をモチーフにした写真活動を続けているゆりあ氏の初個展を開催。10日間で2500名を動員した。2度目となる今回の個展は、ゆりあ氏がこれまで作品発表に冠していた「ふともも写真館」を超え「“館”から“世界”へ」をテーマに設定。

未公開の新作を数多く用意し、展示作品数500点以上、実に1000脚のふとももが会場を埋め尽くす独自の世界が展開される。フェティシズムの追求からアートへと昇華した「ふともも写真の世界展」は、性別や嗜好を超えて楽しめる内容だ。

次ページふともも温泉や、雨の日だけの入場特典も!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。