iPhoneSEは好調?不調?現場の声は懐疑的

アップルは強気だが…

3月に「SE」を発売するにあたり、アップルのジョズウィアック副社長は、ターゲット市場として中国を挙げ、「SE」が搭載する4インチのディスプレーはスマホを初めて買う消費者に依然人気だと語った。アップルの主力モデルである「6」や「6プラス」はより大きなディスプレーを搭載している。

サプライヤーは弱気

「SE」の部品も扱う別のiPhoneサプライヤーは、iPhoneの受注は第2・四半期と下半期に減少するとの見通しを示し、「顧客(アップル)はより高い目標を掲げているが、われわれの見通しはもっと控えめだ」と語った。

景気減速に伴い、より安価なスマホに消費者が流れる可能性がある中国で、アップルがさらに失速することへの懸念は強い。

先の再販業者のZhu氏は「現地メーカーの売り上げは伸びている。とくに月収3000元以下の低所得層に人気で、OPPOやVivoなどの1000─2000元程度のモデルがよく売れている」と語った。

調査会社トレンドフォースによると、中国での大幅なシェア拡大で勢いづく中国のスマホベンダー勢の世界出荷台数は、第1・四半期にアップルと韓国サムスン電子<005930.KS>の合計を初めて上回った。

中国のスマホベンダーの代表格で、アップル、サムスンに次いで世界シェアが3位の華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]の幹部、Joonsuh Kim氏は「中国では、金持ちに見られたい人はiPhone、少し変わったものを使いたい人はサムスンを選ぶ傾向があったが、最近の消費者はもっと賢い。だからわれわれに大きなチャンスがある」と語った。

 

(Yimou Lee記者 翻訳:高橋恵梨子 編集:加藤京子)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。