iPhoneSEは好調?不調?現場の声は懐疑的

アップルは強気だが…

 4月27日、米アップルが26日発表した第2・四半期(1─3月)決算では、スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の販売台数が発売以来初めて減少したことが明らかになった。写真はムンバイで26日撮影(2016年 ロイター/SHAILESH ANDRADE)

[香港 27日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>が26日発表した第2・四半期(1─3月)決算では、スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の販売台数が発売以来初めて減少したことが明らかになった。投資家の懸念を和らげようと、同社は3月下旬に発売された低価格で小型画面の新型iPhone「SE」の需要が旺盛との見方を示したが、アジアの「SE」販売業者やサプライヤーは、必ずしも同様の明るい見通しを持っているわけではなさそうだ。

iPhone「SE」の売り上げは1─3月決算に反映されていない。

ロイターが香港、北京、上海、深センにある販売業者10社に調査したところ、直営店であるアップルストア4店を含む7社が滑り出しは好調と回答した一方、アップル直営ではない3社が売れ行きはいまひとつ、と回答した。

部品を供給する2社は「受注が減っている」

「SE」を含めたiPhoneの部品を供給する2社は、受注が減っていると回答した。

台湾に拠点を置くiPhoneサプライヤーの幹部は「iPhone部品をこれまで5、6年供給しているが、今四半期の受注は低調だ。現在のアップル向けの供給状況は過去2年とは異なる。iPhoneのモデルは増えたが、iPhone全体の販売量は減っている」と語った。

アップルにとって米国に次ぐ重要市場であり、売上高の4分の1を稼ぐ大中華圏で、生産や販売の現場からこのようにまちまちな見通しが出ることは同社の大きな懸念材料となりうる。1─3月の大中華圏の売上高は前年同期比26%減少した。

ロイターの調査について、アップルからのコメントは得られていない。

次ページ「売り上げは減っている」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • トクを積む習慣
  • コロナ後を生き抜く
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT