iPhoneSEは好調?不調?現場の声は懐疑的

アップルは強気だが…

深センにあるアップル製品再販業者XiongyuのZhu You Peng氏は「iPhoneはまだ人気だが、新モデルが出ていないことと『SE』は『5C』に似ているため、売り上げは減っている」と指摘する。

アップルは2013年に低価格モデル、iPhone「5C」を発売した。

Zhu氏によると、昨年は月間300台前後のiPhoneが売れていたが、今年に入って月間100─200台前後に減ったという。

根強い人気

Zhu氏の見解は、今回の決算発表後にアップルのマエストリ最高財務責任者(CFO)が示した明るい見通しとは食い違う。CFOはロイターに対し、iPhone「SE」について「全世界で供給がひっ迫している。需要は非常に強い」と語った。

アップルのウェブサイトによると、中国本土のアップルストアでは「SE」は完売しており、商品到着まで約3週間待ちの状況。ただ、店舗にもともと何台が供給されたのかは不明だ。

アップルには、iPhone販売の減少が一時的なつまずきに過ぎないことの証明が求められている。

iPhone「SE」は、アップルが最新モデル「7」を発売するまでの売り上げ減を相殺するために重要とみられている。大方の予想では、「7」の発売時期は9月の見込み。低価格は、アップルが中国など新興国のライバルメーカーに対抗するための戦略の一つだ。

次ページ「依然として人気がある」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT