ペッパーの父が挑む、「癒やしロボ」の進化形

「手を温かく」おばあさんの一言がきっかけに

林氏は心を癒すロボットこそ、現代社会に必要な存在だと主張する。ポイントは「孤独」だ。人間はかつて集団で生活し、狩りや子育てを行ってきた。単独行動では遺伝子を残せず、死を意味するため、集団からの離脱を防ぐ感情として「寂しさ、孤独感」が生まれたという説がある。

現代社会では一人でも生きていくことができる。だが、本能は誤って「寂しい、孤独だ」と警告を発し続けるという。つまり、人間にとって孤独とは今後も直面し続ける課題なのだ。ロボットはこうした人間の本能の要求に対応し、支えることができると考えた。

「ロボットが人の心に食い込み、人もロボットに思い入れを持つ。世の中に求められているが、まだ誰も手をつけていない。だからやる。今はまだマーケットはないが、産業として大きく成長すると思っている」(林氏)。

なぜソフトバンクを去ったのか?

前述したように、林氏はトヨタ自動車の出身。だが、大学院に進学する前にソフトバンクの採用試験を受け、不採用となった経験を持つ。当時は「挫折だった」と振り返るほどのショックを受けた。トヨタ自動車に進んでも悔しさを忘れることはなかったという。

リベンジを果たすべく、2011年に孫正義社長の後継者育成機関「アカデミア」に外部1期生として合格。その後オファーを受けて、2012年4月にソフトバンクに入社している。

このように、林氏にとってソフトバンクは憧れそのものだった。その会社をなぜ4年で後にしたのだろうか。

退職を決意したのは昨年の夏前だったという。きっかけは、組織改編でフランスのロボット開発子会社「アルデバラン・ロボティクス」への赴任が決まったこと。「現場から離れてしまう。現場でなければペッパーの面倒を見られない」。そんな思いがあった。

孫社長にとって人型ロボットは、鉄腕アトムに夢中になった幼年期からの夢だった(撮影:梅谷秀司)

しかし、決断を後押ししたのはほかならぬ孫社長の教えだった。孫社長はアカデミアで強烈なリーダーシップを熱弁する。「自ら登る山を見つけて道を切り開かなければ、見えてくるものはない」。「頭がちぎれるまで考えろ」。アカデミアは、孫社長が生徒に独立をたきつける場でもあったのだ。

トップの思考を徹底的にたたき込まれ、独立への思いは膨らんでいく。40歳を超えて独立できるチャンスは少ない。ペッパーは面白い仕事だが、軌道に乗せるには4~5年かかるだろう。何より、アカデミアでどれだけ頑張っても孫社長の足元にも及ばない。

熟慮の末に林氏は退職を決意。孫社長に「外に出て大きくなってきます」と報告すると「お前、惜しいな。がんばれよ」。珍しく優しい言葉をかけられたのだった。

次ページシリコンバレーの生態系を日本に
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT