「人材育成の8割は異動で決まる」

松井忠三・良品計画会長

私は2001年1月に社長に就任すると、海外のリストラ、国内不採算店の閉鎖・縮小、不良在庫の処理などを行い、経営改革プロジェクトを発足させた。

人事に関係するリストラとしては、前経営体制を退任か降格させ、経営陣を強化した。店長とのダイレクトコミュニケーションにより、現場の情報を直接受け取れるようにした。組織体制を変更し、主要幹部人材を固定した。

これらの施策によって1年後の2002年には店舗リストラが一巡し、次なる成長へ向けての準備に入った。とくに人材育成に重きを置く施策が2003年、2004年からスタートしていく。

--その人材育成の仕組みを教えていただけますか。

人材育成の土台として、「MUJI GRAM」と「本部業務基準書」を作成した。「MUJI GRAM」は販売オペレーションマニュアル。内容別に13冊に分かれ、総ページ数は1780ページある。「MUJI GRAM」を作成した理由は業務の標準化だ。

小売業には「店長の背中を見て育つ」という言葉があるが、店長は百人百様だ。店長の背中を見ていては、その店長のやり方しか学べない。またスキルもばらばらになる。これでは企業としての人材育成とは言えない。

マニュアルが必要だと考えた契機は、ある新店舗オープンの時の経験だ。新店舗のオープン前日に、ようやく売場ができあがり「やれやれ、これで何とかオープンにこぎつけた」と思っていたら、応援に駆けつけていた他店舗の店長が「こうした方がいい」と変更する。それが何とか終了すると、他の店長が「いや、そこはこうした方がいい」と再度作り替えてしまう。

しかし店舗オープンの時に最高の売場づくりを目指しているわけではない。時間までに売場をつくり、定時に店舗をオープンしてお客さまを迎え入れなければならない。ところが店長たちは自分の経験にこだわっていた。その時に店舗業務の標準化の必要性を痛感したのだ。そこで店舗で必要な実践的なスキル、やり方を徹底的に言語化し、「MUJI GRAM」を作成した。

この「MUJI GRAM」は、新入社員研修から始まる各種研修の基本教材になっている。またイントラネットで社員やスタッフに開放されている。内容は毎月更新し、つねに最新事例に対処できるようにアップデートしている。

次ページ人材は自前で育成すべき
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT