「NHKフォロー外し批判」には、違和感がある

「最近のNHKどこか変です」といえるのか?

ご存知の通り、ツイッターではフォロー相手の発言が逐次表示されていく。そこにツイッター社の意思は介在せず、発言者の書き込みが時系列で並んで見えるだけだ。フォロワーが13万という数になれば、とめどなく発言が流れ続ける。短文であるため、複数の発言を追いかけなければ、その真意を測ることはできない。

何らかの意思を持ってフォロー相手を絞り込んでいるならば別だが、幅広く世の中の情報を集めるために作られているわけではない。タイムラインと呼ばれる書き込みの列に現れる「民意のように感じられる何か」は、フォロー先によって異なり、必ずしも現実社会を投影しているわけではないことは、実際に使っている人ならば理解できるだろう。

NHKがフォローを外すと決定した理由として挙げた「公平性」は、実にもっともな話なのだ。タイムラインの順番にシステム側の判断が介在する「フィード」システムを採用するフェイスブックとは異なり、ツイッターのフォローシステムにおいて、タイムラインを決定付けるのはフォロー相手である。

相互フォローは「視聴者に寄り添う気持ち」

朝日新聞系のwithnewsが、NHK広報局のアカウント運営を行っていた元局員へのインタビュー記事を掲載しているが、相互フォローはもともと、視聴者に寄り添う気持ちを表現したものだったとしている。ただ、元「1号さん」が認めているように、100万人以上に増えたフォロワーを完全に追いかけることはできない。

全員をフォローできないのであれば、そこには(意思が存在しないとしても)NHK公式アカウントのタイムラインを構成する情報の流れに「恣意的な何か」が現れることを否定できなくなってしまう。

実際には13万ものフォロワーから流れ込む情報がNHKの姿勢や局内の考え方に影響を与えることはないと筆者は思うが、公平性について何らかの意見が出ているのだとすれば、フォロワー全員をフォローするか、フォローしているIDすべてを外すかの二択しかないのも事実だろう。

筆者はどちらの意見が正しいかについて言及するつもりはない。しかし、「フォローしているアカウントの列」に特別な意味を求めることそのものがナンセンスだと考えている。

フォローという行為は、実に気軽なものだ。フォローする基準も人それぞれな上、気分で行動が変わることもあるだろう。そんなシステムで出来上がったリストに特別な意味を感じたるのは自由だが、他人に押しつける行為が正しいとは思えない。

NHKに対して「不公平」と訴えた側も、公平性を疑われる要素を排除しようとしたNHKを批判する側も、それぞれが「フォローしている相手のリスト」を一方的に意味付けし、批判しているにすぎないのだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 買わない生活
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT