DRAM専業から脱皮 エルピーダの挑戦

DRAM専業から脱皮 エルピーダの挑戦

国内唯一のDRAM専業企業、エルピーダメモリは、ロジックIC(集積回路)の受託生産(ファウンドリー)へ参入する。DRAM価格が供給過多で1ドル割れの異常事態が続くなか、エルピーダも08年3月期は営業赤字の見通し。ファウンドリーへの参入は生き残りを懸けた多角化の意味合いもある。

台湾のファウンドリー(受託生産会社)大手、UMCから生産技術を導入。東広島の本社工場のうち償却の済んだパソコン向けDRAM用設備を転用、ロジックICの受託生産を第2の収益柱に育成する。パソコン向けは台湾・力晶半導体との合弁工場に生産を移管中だ。

エルピーダのナンバー2で販売担当の大塚周一取締役兼COOは、「2009年に月産2万~2.5万枚の能力余剰が出る。顧客獲得はこれからだが、DRAMで培った回路の微細化技術が生かせるほか、ファウンドリー専業メーカーよりDRAMとの2本柱のほうが稼働率を高く保てるので、顧客に安心感を持ってもらえる」と自信たっぷりだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。