DRAM専業から脱皮 エルピーダの挑戦

DRAM専業から脱皮 エルピーダの挑戦

国内唯一のDRAM専業企業、エルピーダメモリは、ロジックIC(集積回路)の受託生産(ファウンドリー)へ参入する。DRAM価格が供給過多で1ドル割れの異常事態が続くなか、エルピーダも08年3月期は営業赤字の見通し。ファウンドリーへの参入は生き残りを懸けた多角化の意味合いもある。

台湾のファウンドリー(受託生産会社)大手、UMCから生産技術を導入。東広島の本社工場のうち償却の済んだパソコン向けDRAM用設備を転用、ロジックICの受託生産を第2の収益柱に育成する。パソコン向けは台湾・力晶半導体との合弁工場に生産を移管中だ。

エルピーダのナンバー2で販売担当の大塚周一取締役兼COOは、「2009年に月産2万~2.5万枚の能力余剰が出る。顧客獲得はこれからだが、DRAMで培った回路の微細化技術が生かせるほか、ファウンドリー専業メーカーよりDRAMとの2本柱のほうが稼働率を高く保てるので、顧客に安心感を持ってもらえる」と自信たっぷりだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT