ノーベル平和賞のEU、欧州統合の歴史【2】

不戦の誓いを起点に欧州統合は進んだが、1960年代~70年代の統合は停滞した。しかし80年代、単一通貨ユーロ導入へと歯車が回り出す。ノーベル平和賞を受賞したEUの歴史を振り返る。

ジャン・モネと並び、欧州統合の歴史に残る偉業を遂げたのが、1985年から10年間、欧州共同体(EC)委員会の委員長を務めたフランス人、ジャック・ドロールである。ドロールはもともとフランス社会党の経済顧問を務めており、81年の同国大統領選で勝利したミッテランに、財務相に抜擢された。

84年の内閣改造では「ドロールを首相に」との声が出るほど実績を挙げたが、ミッテランが首相に選んだのは、側近だったローラン・ファビウス(現仏オランド政権の外相)。ドロールはパリを離れ、EC委員長の道を選んだ。当時、ドロールの支援者となったのは、西ドイツのコール首相である。コールは財務相時代のドロールの仕事ぶりを気に入っており、EC委員長就任を後押しした。


(EC委員長時代のジャック・ドロール、European Union,2012)

ブリュッセルのEC本部に入ると、ドロールは持ち前の行動力を発揮して活動を開始した。当時のECは、73年の英国参加などで加盟国が増え、「欧州大家族の成立」などと書き立てられていた。一方、経済統合の面では、域内関税撤廃こそ完了させたが、関税以外に自由な取引を妨げる国境規制が多く残るなど、停滞が続いていた。ドロールは当初から、国家を超越した「連邦主義」の欧州を念頭に置いた、EC改革の構想を抱いていたようだ。

停滞打破の突破口として目を付けたのが、国境規制を徹底的に取り除く「単一市場」の完成である。ドロールが掲げた規制撤廃の推進に、自由主義経済の立場からサッチャー英首相も賛成した。サッチャーは自国政治への介入が気に食わず、EC委員会の政策にしばしば横槍を入れたが、この場面ではドロールの支持に回った。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。