熊本地震の被災者が見た恐怖と避難のリアル

震災への備えが不十分な地域でそれは起きた

大震災の被災者になって痛感したことの一つは、安否の発信がとても重要だということです。友人・知人から「大丈夫か?」という連絡が来ます。直後は電話がつながりにくかったですが、LINEやFacebookのメッセンジャーなどで安否を知らせることはできました。ご高齢の方の中には携帯電話は持っていても、スマホを持っていない人が多く、ネットやSNS、ネットラジオでの情報が得られていないことがあるようです。

根拠不明のデマが飛び交った

根拠不明のデマがLINEで流れてきました

一方、ネットでは特に根拠不明のデマに惑わされないことも必要です。16日未明の大きな地震があった後です。「拡散希望!気象庁からです!活断層が割れているため12時間以内にM7.4の地震が予想される」というツイートが出回りました。

知り合いもLINEのメッセージで送ってきて、一部で拡散しました。「そんなワケはない」と思って調べてみたら、やっぱりそんな話はなかった。今、益城町でまことしやかに伝えられているデマは、「震災地荒らしが県外から集団で熊本に向かっている」という話です。

テレビやインターネットなどの情報はありがたいのですが、電気がなければどうしようもないですし、結局は日頃からコミュニケーションを取っている近隣からの情報がいちばんアテになります。

町役場や小学校などの避難所以外では、自家用車で農道などに止めて寝泊まりしている人が多いです。どこに止めるかというと、トイレがあって配給がもらえるところです。私も17日時点で阿蘇くまもと空港・エミナースホテルの周辺で避難していて、車中泊をしています。

この駐車場は同ホテルが任意で開放してくれ、食料なども無償提供してくれた避難場所の一つになっていて、周辺には1200人ぐらいが集まってきていますが、いくつか問題がありました。ここに来た避難民たちをどのように統括したらいいのか、まともな手だてやルールがなかったことです。町役場にも足を運びましたが、彼らにも情報がない。

次ページしかし、救援物資が届かない!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT