いまだ避難生活が続く福島・飯舘村のいま

印刷
A
A

 

そんな風潮が漂うなかで行われるそごう柏の販売会だけに「今回はお客さんが来るだろうか」(佐野さん)という不安がよぎるときもある。しかし、手作り作業の仲間の1人である菅野ウメさん(82)は「それでも仕方がない」と笑いながら「岩手県などの仮設住宅に住む人たちは、冬になって私たちよりも寒い思いをしなければならないんだよ。そうした人たちに、売れなかった綿入れはんてんを届ければいいんだ」

よりよい製品を作るため、材料費をふんだんに使っている。無料で届ければ、コスト倒れだが、「綿入れはんてんは暖かいからな」と、他県の被災者のことをおもんぱかる。被災から1年半を経過しても、被災地の東北地方では、「震災問題」は微塵も風化していないことを痛感させられる言葉だ。

9月28日夕刻には、そごう柏への製品搬入のために、仮設住宅から10名の女性たちがそごう柏にやってくる。今回の販売会を契機に、風化を吹き飛ばして、さらに支援の輪が拡大することを期待したい。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT