有利子負債13兆円! 都市再生機構(UR)は再生できるか

有利子負債13兆円! 都市再生機構(UR)は再生できるか

13兆円という巨額の有利子負債を抱える独立行政法人都市再生機構(UR)に、ようやく本格的な合理化のメスが入れられようとしている。

政府の調査会は8月末、収益性の高い賃貸住宅事業を、政府が100%出資して設立する事業会社が継承し、低所得者向けの賃貸住宅事業などを新しい行政法人に移管する分割再編案をまとめた。民間の経営手法を取り入れて収益力を高め、負債を減らす狙いだ。政府は2013年度中の法案提出を目指す。

URは日本住宅公団と宅地開発公団、地域振興整備公団が順次統合されて04年に誕生した。賃貸住宅のストックは約76万戸と国内最大規模。東京・豊洲周辺をはじめとした都市部の再開発や多摩、千葉などのニュータウン開発も手掛けてきた。現在の主な収益柱は、賃貸住宅の運営・管理と都市再開発(既存市街地業務)だ。


ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT